>> i's SQUARE >> Webサービス構築ガイド >> WindowsにApacheをインストールする

WindowsにApacheをインストールする

自宅サーバ用やローカルでの開発マシンに必須のWebサーバ「Apache」をWindowsへインストールして起動・停止する方法を以下に記述します。



■ダウンロード

Apache HTTP Server Project から apache_2.2.4-win32-x86-no_ssl.msi をダウンロードします。



■インストール

・ダウンロードしたをダブルクリックしてインストールを開始します。


・インストーラーが立ち上がったら 【Next > 】をクリックします。


・ 規約を読んで同意した場合は 「I accept the terms in the license agreement」 のチェックを入れて 【Next > 】をクリックします。 同意できない場合は残念ながら次に進めません。


・Apacheについての解説ページが出てくるので一通り読んでから 【Next > 】をクリックします。


・以下の画面が出ます

Network Domain (e.g. somenet.com)
自分のドメイン名を入力しますが、 この項目は後で設定できますのでとりあえず適当な名前で構いません。

Server Name (e.g. www.somenet.com)
Apacheにアクセスする際のドメイン名で、 通常は上記のドメイン名の頭に「www.」を追加して入力します。

Administrator's Email Address (e.g. webmaster@somenet.com)
自分のメールアドレスを入力します。

Install Apache HTTP Server 2.0 programs and shortcut for
Apacheにアクセスする際のポート番号の設定です。 通常は「for All Users, on Port 80, as a Service -- Recommended.」にチェックを入れます。


・【Next > 】をクリックします。


・セットアップの種類を選択します。 「Typical」を選択して 【Next > 】をクリックします。


・Apacheをインストールするフォルダーを設定できます。 特に変更しない場合はそのまま 【Next > 】をクリックします。 変更する場合は「Change... 」をクリックしてインストール先のフォルダーを選択してから 【Next > 】をクリックします。


・「Install」をクリックするとApacheのインストールが開始します。


・無事インストールが完了すると以下の画面が出ますので 【Finish】を押します。



■Apacheの起動・停止

インストールが完了すると、自動的に「Apache」は実行されていますので タスクバーの右下にApacheのアイコン が表示されているか確認してください。
もし、 になっている場合はApacheのアイコンを左クリックして、 「Start」を選択すると起動します。

また、Apacheのアイコンを右クリックして Apache Service Monitorを選択すると起動・停止・再起動が簡単に実行できます。


Apache起動後は IE等のブラウザを起動してURLに http://localhost もしくは http://127.0.0.1と入力します。

そうするとApacheがインストールされたフォルダ 「C:/Program Files/Apache Software Foundation/Apache2.2/htdocs」(デフォルトの場合) の 「index.html」 が表示されます。

ちなみに、 http://localhost もしくは http://127.0.0.1 としてアクセスする際のデフォルトフォルダーを変更したい場合は httpd.conf の以下の箇所を修正して再起動すればOKです。
DocumentRoot "C:/Program Files/Apache Software Foundation/Apache2.2/htdocs"



遠くの火事は必ず燃え移ってくる
by プログラマーの格言