>> i's SQUARE >> Webサービス構築ガイド >> LinuxにApacheをインストールする

LinuxにApacheをインストールする

高い信頼性と圧倒的なシェアを誇っている無料のWebサーバー「Apache」をLinuxにインストールして起動・停止する方法を以下に記述します。



■ダウンロード

Apache HTTP Server Project のページから最新版のUnix Sourceをダウンロードします。


ここでは現時点での最新版 Unix Source: httpd-2.2.4.tar.gz [PGP] [MD5] をダウンロードします。



■インストール

・ダウンロードしたファイル「httpd-2.2.4.tar.gz」を解凍します

tar -xvfz httpd-2.2.4.tar.gz
・作成されたディレクトリ「httpd-2.2.4」に移動します
cd httpd-2.2.4
・次にコンパイル前の設定を実施します
./configure --enable-so
尚、「--enable-so」は動的にモジュールの追加・削除が可能になるオプションです。
また、ここで実行したconfigureの内容は、 同じディレクトリに「config.status」というファイル名で保存されますので、 内容を若干変更してもう一度実行したい場合は このファイルの内容を修正して「./config.status」と実行すればOKです。


・設定が終了したらコンパイルしてインストールします。
make
make install
コンパイル後のインストールはrootユーザー(システム管理者)で実行します。
以上でインストールは完了です!



■Apacheの起動・停止

・Apacheの起動

/usr/local/apache2/bin/apachectl start
・Apacheの停止
/usr/local/apache2/bin/apachectl stop
・Apacheの再起動
/usr/local/apache2/bin/apachectl restart



素人のオペレーターはバグを発見する天才である。再現不能
by プログラマーの格言