>> i's SQUARE >> Webサービス構築ガイド >> Google Maps API

Google Maps API

Google Maps APIを利用すると、誰でも直ぐにホームページ上で衛星写真や地図を使ったページが作成できます。

このGoogle Maps は、単に地図が表示されるだけではなく、 APIを利用して、地図にオリジナルのアイコンを組み込んだり、吹き出しやコメントとか付けたり、 ラインやルートを書いたり、自動で動かしたりと様々にカスタマイズ出来ます。

尚、Google Maps API はJavaScriptで記述されたライブラリです。 ほんの少しのJavaScriptコードを自分のページに埋め込むだけで、自分オリジナルの地図サービスを作ることが可能です。



■APIキーの取得

Google Maps APIを利用するには、APIキーが必要です。 そこで、まず最初に Google Maps APIのサイト に接続します。

次に以下のサイトでユーザー登録してAPIキーを取得します。
http://www.google.com/apis/maps/signup.html

I have read and agree with the terms and conditions をチェックして Google Maps を設置する自分のサイトURLを入力後、 「Generate API Key」ボタンをクリックするとAPIキーとHTMLのサンプルが表示されます。
尚、Googleアカウントを持っていない場合はGoogleアカウント取得の手続き画面になります。

とりあえずHTMLのサンプルを自分のサイトに設定して動作確認します。 (但し、Google Mapsを埋め込むページの文字コードは「UTF-8」にする必要があります)


■リンク集

以下はHTMLのサンプルを好きなようにカスタマイズして自分オリジナルの地図を作るための参考になるサイトです。
http://www.openspc2.org/reibun/Google/Maps/API/
http://www.geekpage.jp/web/google-maps-api/
http://jsgt.org/ajax/newmon/GoogleMapsAPI.htm
http://code.google.com/apis/maps/documentation/reference.html


■お勧めの書籍



顧客がSEに好かれる方法は、
システム開発には時間と金がかかることを認識し、早めに仕様を完全に確定させることである
SEが顧客に好かれる方法は、
プログラマーに嫌われることである
by プログラマーの格言