>> i's SQUARE >> UNIXのノウハウ >> UNIXについて

UNIXについて



 UNIXと言うマルチユーザーOSは、Windowsのようにマウスでプチプチクリック して操作するGUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェイス)ではなく、 コマンドを入力して操作していくCLI(コマンド・ライン・インタフェイス)、 CUI(キャラクタ・ユーザー・インタフェイス)です!


 ◆UNIXの特徴としては以下があげられます
・マルチユーザ機能
・マルチタスク機能
・ツリー状の柔軟なファイルシステム
・標準入出力機能
・非常に強力なネットワーク機能
・豊富なコマンドツール
・基本的にフリーウェア魂



 また、マサチューセッツ工科大で開発された「X Window System」を ベースにGUI環境にカスタマイズさせる事も可能です!

 UNIXのユーザーインタフェイスや各種ツールプログラムなどは、 寄せ集めで構築されているため、ユーザーが自分の好みに合わせて自由に環境を選択 することができます!
 初心者にはちょっと敷居が高いとか言われていますが、慣れればすごく便利です!

例えば、
>% rm -r ~/* ; rm ~/.*
のように*を使って一気に複数のファイルなどを排除したり、移動させたり することが素早く出来てしまいます! 更に、パイプ機能 ”|” を使ってコマンドを複数連結させることが可能なのも UNIXの非常に強力な特徴です。
例として、
>% ls -la | grep *.txt | wc -l > No1.txt

 UNIXでは、様々なウィンドウマネージャが発表されており、 ユーザーは自分の好みに合わせて自由に選択できます! 慣れれば、いろいろカスタマイズして自分の使いやすい環境に することが可能です♪

 僕は Windows95風のX11用仮想ウィンドウマネージャfvwm95 を使用しています
設定ファイル 起動画面 ピクスマップ
 注意: fvwm95 はあくまで僕がUNIXをばりばりに使っていた時期(1995〜1998年) に主流だったウィンドウマネージャです ・・現在では凄まじい速さでデファクト・スタンダードが変化しています。

 
<各種設定ファイルについて>


.aliasファイル に以下の事を書き込んで、 >% source .alias と打てば結構便利です!

  alias cd 'cd \!* ; echo "" ; echo $PWD ; echo "" ; /bin/ls -F ; echo ""'
  alias ls 'echo "" ; /bin/ls -F \!*; echo ""'

以下の内容のような .loginファイル を作成しておけば便利です! finger ユーザーID で他のユーザーに自分が何時何処にログインしているか知らせる事が出来ます! ログインしてれば talk や write コマンドでメッセージが送られて来るかも♪
尚、 .logoutファイル で ~/.plan を rm する事をお忘れなく(^^;; もしくは下記内容をチョット加工して何時にlogoutしましたって内容を ~/.plan に書くのも乙です。

  #!/usr/bin/csh -f
  ( rm $HOME/.plan ) >& /dev/null
  echo "" > $HOME/.plan
  echo "Now, I'm login at `hostname`." >> $HOME/.plan
  echo "Login time :" `date '+%Y/%m/%d %X'` >> $HOME/.plan
  echo "" >> $HOME/.plan

その他には .projectファイル をホームに作ってアピールしたいことを 書き込んでおけば、 fingerコマンドで他のユーザーに取り組んでるプロジェクト・進捗状況などを教える事が可能になります☆


【便利だけどセキュリティ上利用しない方が良い設定ファイル】
・「~/.rhost」(rlogin に便利だけど、お勧めしません!)
・「~/.netrc」(ftpに便利だけど、お勧めしません!)


 理想的なコンピュータ環境とは、利用者にハードウェアやソフトウェアのことを ほとんど意識させず、基本的な知識が無くても十分に使いこなせるような環境だと 思いますが、現時点においては、まだまだそのような環境は実現されていません!
 そこで、利用者は実際に動かしてみて、これらの機能を自分の目的に応じて使い こなしていく技術を身につけることが大切です!
 できるだけ多くのコマンドを熟知し、プログラムを書く人はプログラム言語の勉強 に加えて基本ライブラリの使い方を習得する必要があると思います。

人間できると思うことだけやっていたのでは、決して進歩しない。
by 竹村健一