>> i's SQUARE >> ゲーム攻略 >> エクソダスギルティー

 エクソダスギルティー(PS) 

エクソダスギルティー設定資料集

98年11月26日にプレイステーションで発売されたアドベンチャーゲーム
この世の果てで恋を唄う少女YUーNOEVE 〜burst errorDESIRE、etc
を創りあげた天才クリエイター菅野ひろゆき(剣乃ゆきひろ)氏の作品です♪
マルチタイムザッピングシステムを採用し、過去、現在、未来の3つの時代 をザッピングし、それぞれの行動がお互いに影響を与えあいながら物語は進んでいきます!
テーマは 運命と変貌
何かが移り変わっていくという意味の変貌と変わらないものを背負った運命という意味です

 
EGの欠点
・メッセージフォントの色が白のため、背景画像との組み合わせによっては みえにくい文字とかが結構あった^^; (やっぱりプレステ内臓のフォントでは・・ね^^;)
・移動システムが解りづらい^^; (このインタフェースに慣れてしまえば逆に便利だと思った)
・以前の菅野氏の作品と比べるとラストでの感動がないし盛り上がりに欠ける・・・何か物足りない^^; (あくまで以前の作品と比べての相対的な評価です^^;)
Win版(発売希望!)ではこれらを補完した形で出して欲しいと思います!

 
Q&Aコーナー
EGは頭を悩ます謎解きが多々存在します。 そこで、結構迷いそうな所をピックアップしてみました! (EGはつまっても、たいていは移動できる場所に移動しまくり、 あやしそうな所で色々なアイテムを使ってみると道が開けることが多いです) 完全なネタバレなので、答えは背景色に類似した色を使って みえにくくしています。 答えが見たい人はマウスをクリックして、なぞればOKです! でもできれば自力で解いて欲しいです!

Q.過去編の迷いの森が抜けられません!
A. ブルーダイアモンドの助言にあるとおり ここを抜けるための情報は未来編にあります。 1・2・4・4と盾を12時(=1)から時計周りにボタンを押せばOKです!

Q.現在編のチェスの駒の意味がわかりません
A. ヒントは「15日」です! チェスの台の左上が1、真ん中上が2、右上が3、・・・右下が9 に対応しているので、最初のチェスの駒を1の所に、 次の駒を5の所に置けばOKです! ちなみに駒を置くと、置いた場所に対応している数だけ 「カッ」と音がなります。

Q.未来編で紫の短剣を宣教師イーから返してもらいたいのですが・・・
A. まず、征嵐の書を解かなければいけません。 征嵐の書の答えは「くうき」または「さんそ」です。 解いた後は聖地の光の盾の情報が貰えた石像の所で使えばOKです! 後はタツタ以外のキャラをパーティに入れて宣教師イーに会えばいいです。

Q.未来編でスィーが監視塔につかまった後でつまりました・・・
A. スィーがつかまった後はレイルルの出番です! まずレイルルでジブラール坑道内のジーナ=イー城がみえる場所 (ガタンと音がしてクーン?とメッセージがでる所)に移動します! この場所に何度もいったりきたりするとランダムで兵士が出現します。 ここで兵士に3回会います! 次にタウン地方から聖地へ向かう道の所 (また、ガタンと音がしてクーン?とメッセージがでる所)に移動し 根気強くここを訪れ、兵士と2回会います! 兵士と2回会った後は主人公をカスミに変更して タウン・ギルドの兵士詰め所にいる兵士と2回話をします。その後大聖堂に いくと虎の紋章が入手できるので、これをレイルルへ渡します。 レイルルに渡すには、レイルルと同じ場所に移動するだけでOKです! 後は主人公をレイルルに変更し、虎牢関で虎の紋章をはめて虎牢関を 通過し、監視塔に待機して、主人公をカスミにかえ、監視塔に移動すればOK!

Q.未来編のミスティック・フォレストが抜けられません
A. ここを抜けるには旧首都ザールにある塔で 機械を操作しなければいけません。 ザールの塔で機械を操作するには、禁断の聖地ラ・ムーに4人のオペレーターが 必要です。つまりカスミ、アイ、リリーヌ、ウィルの4人を禁断の聖地ラ・ムーに 移動させればOKです!リリーヌはこの世界で唯一緑豊かな場所で仲間にできます!

Q.未来編の最後「禁断の地へいくには・・・」
A. 禁断の地にいくには4つのエレメントアイテムを大聖堂内か、ウーの神殿に集結させる 必要があります!主人公スィー、カスミ両方とも大聖堂内か、ウーの神殿に移動させます! 4つのエレメントアイテムはそれぞれの本の謎を解かなくては入手できません。
征嵐の書はすでに解いているので、省略します!
火炎の書は答えを「まぐま」または「ようがん」と入力して、 ジブラール坑道(薄暗く太陽の光さえとどかぬ静寂)の ジーナ・イー城(光のかたまり)がみえる所から3歩後ろにさがり、 1歩進み、右の道に3歩進んで1歩後ろに下がった場所で使えばOKです! (別にこのようなステップをふまずに、いきなりこの場所で使っても可)
水声の書は答えを「おさかな」または「さかな」と入力して、 大聖堂を出た場所で使えばOKです!
砂塵の書は答えを「やま」または「さんみゃく」と入力して、 迷いの森の手前で使えばOKです!

Q.ダイアモンドHunter!になるための条件は?!
A. (ランク5のダイアモンドHunter!になると、ランク画面の後にボーナス絵 (主人公3人がワインで乾杯)とメッセージが出てきます♪)
・何事も迅速に行動せよ!(5時間以内クリアー)
・トレディアンのクイズに全問正解しない!(2問目までは正解しても良い、根気が必要)
・ウーから「水声の書」をもらわない!(宣教師イーから水声の書を貰う、ガッツが必要)
(トレディアンのクイズを間違いまくり合計100回彼に会うと、 トレディアンは根気負けしてくれてたいまつをくれます。)
(未来編の前半で聖地に現れる宣教師イーと、食料と褐色の短剣を交換する 交渉イベントがありますが、ここで、 「わかったわ、食料と短剣を・・ ・・」 の選択肢を選ばずに(他の選択肢を選ぶ)宣教師イーに100回会うと 水声の書を貰うことができます。)
NEXT STAGE ”EXODUS Guilty” SOMEDAY・・

 
エクソダスギルティーの感想(完全ネタバレ):
 EGは鬼才管野の名に恥じない作品でした。 物語のもつテーマ性、壮大な世界観、どれをとってもすばらしいです! でも、しかぁし・・・以前の作品のような心に刻まれるほど の名作ではなかったことも事実です^^; 以前の作品のラストでの何ともいえない・・何てゆうか やるせない喪失感のようなものがなかったせいだと思います。 ・・・後、やっぱりもっとつくりこんで欲しかったです! どっかの雑誌の管野氏のコメントで、「彼自身がシナリオ、 演出、プログラムまで総がかりで制作して半年で作り上げた」 みたいな事が書いてありましたが、もう少し制作期間を延ばしたら 本当にすばらしい作品になっていたと思います! でも、これだけの物語をたったの半年でつくりあげる菅野氏って・・ やっぱり鬼才だなぁ!!

 EGは以前の作品のような菅野氏お得意の ユーザーの思いもしない展開や逆転劇もありませんでした^^; (ザザンの正体やファントムの正体も予想通りだったし・・・) 後、キャラの心の移り変わりが早すぎる(少し違和感)と感じました。 (もっとキャラの葛藤があっても良かったのでは?) やっぱりそこらへんをもっと創り込んで欲しかったです! CD1枚に入りきらないなら複数枚にしてでも、創り込んで 欲しかった・・・ここらへんは何か会社の事情とかありそうだけど^^; アーベルってできたばっかの会社だしね^^;; (やっぱ開発期間を短くしないと開発費の関係で厳しかったのかな?)

 でもでも、最後のウーとアーレスの会話は色々と考えさせられ ましたし、全体的にみるとやっぱり菅野節は健在だと実感できます! 僕は、物語は過去編が、世界観や設定は現在編が気に入ってます。 特に過去編は、プロローグの旅立ちが印象的です。 (マーサの心情とか思うと涙がでてくる・・・) 過去編は移動の音楽も気に入ってます! それから、主人公変更時の英語の音声はかっこいいですね!

 
 最後にエンディングについて(僕の勝手な想像ですが・・・) 述べたいと思います。

 ゲーム上の展開では、まずウーがフィフス=セラフィーの力を最大限に発揮させるため スィーに向けて剣を投げます。(独自に動かす機能を利用して神を 滅ぼそうとした) それをラーライラが自己犠牲で阻止します、スィーに神の声を 聞いて欲しいとゆう頼みを遺して・・・。 それまで迷っていたスィーはラーライラの最後の望みを受けて 神の声を聞く決意をして、遂に2つの杖が結びつきます。 そして、スィーの時代の星は自浄能力により緑豊な世界へ と変化します。人は星に必要とされ、 結局誰も死なないで幕を閉じます。

 (この辺りは旧首都・ザールでのイベントで タツタがラーライラに語った言葉と ラーライラの願い通りの展開になってます。 タツタ「自己犠牲は、生命の中でももっとも崇高なものだって。 それができるなら、一つだけ願いをかなえるって。」 ラーライラ「私の願いは、一つだけ。 みんなが仲良く、平和に、子供をはぐくみ、自然を いつくしみ・・ ・・。 幸せに暮らせる世界・・ ・・スィーさまが創られる世界。」

 <結局は人間文明とグ=アーイヤの共存の道を開く結果になった>

 アーレスは過去に戻りフレアの子として生まれかわります (大地の神官として転生)。 カスミとアイは現在に戻ります。 ラーライラは何故か現在に飛ばされています。 ウーとウィルについては何も語られないままエンドになります。 結局それぞれがそれぞれの時代に戻ってますが、 何故ラーライラが現在にいるのか? カスミとアイが爆発に巻き込まれたという辻褄の合わない展開になっている? とゆう疑問も生じます^^; 後アーレスも何故生まれ変わったのか?とか・・・。

 そこで僕の勝手な想像ですが、2つの杖が交わった時に何らかの 傷を負っていた人は少し事象が変化してしまったのではないか! という結論に達しました^^; 傷を負っていたのでアーレスは赤ん坊の状態で、 ラーライラは現在に飛ばされた (スィーと離れ離れになる試練を課せられた)。 恐らくウーも傷ついてたので少し可笑しな状態で 世界の何処かに存在すると思います。 ウィルについては何も語られてませんでしたが、恐らく 過去に戻り・・・ようやく贖罪の時は終わり・・・ 今まで通りの生活を続けていくことだと思います。 カスミやアイについては、爆発に巻き込まれた状態になってますが、 これはファントムによる遺跡爆発まで戻されたと解釈しています^^; 相手がレイナからアイにすりかわっているのは、 カスミのアイを守りたい気持ちが事象を変化させた結果だと思います! 救出された現地の人はウィルからラーライラになってたり、所々事象が変化して いますが、この後の展開はやっぱり今まで通りの内容になっていくの ではないでしょうか(現在編)。 でも、このような状態は一時的なもので結局はラーライラも未来に戻れる と勝手に思ってます^^; (変化した事象は時の復元能力により徐々に修復されるはずだから・・・多分)