>> i's SQUARE >> 資格試験 >> Java認定試験 SJC-P 独学合格必勝法

Java認定試験 SJC-P 独学合格必勝法


Java認定試験SJC−Pの概要から効率良く一発で合格するためのポイントを紹介します。

【目次】
Java認定試験SJC−Pの概要
超効率的な勉強方法
1発合格のための最終チェック
補足資料1:コレクションの概要
補足資料2:コレクションの構成

Java認定試験SJC−P(310-035)とはどんな試験なのか?

時間 / 合否 / 難易度
120分 / 合格ライン52%(61問中32問以上の正解で合格) / 比較的簡単(平均学習時間は10時間程度)
特徴
前提条件は特になしで誰でも受けられます。PCで受験してその場ですぐに結果がでます。
出題範囲
宣言とアクセス制御
フロー制御、アサーション、および例外の取り扱い
ガーベジコレクション
Java言語の基礎
演算子と代入
オーバーロード、オーバーライド、実行時のデータ型、およびオブジェクト指向
スレッド
Java.langパッケージの基本クラス
The Collections Framework

受験方法・プロセス

受験チケットを購入する
Sun Certified Programmer for the Java 2 Platform 1.4 (試験番号 310-035) の試験料金は ¥24,000(税込¥25,200) です。
SUNのページ で受験チケットを購入しますが、 実は楽天でも購入でき、楽天の方が安く買えるのでお得です!

サン・マイクロシステムズ受験チケット

価格(税込)25,200円 → 価格(税込)24,003円(送料0円) と約1200円ディスカウントされてます。

試験日を決めて申し込む
受験チケットを入手したら、 アール・プロメトリック社のサイト からオンライン上で申し込みます。
ちなみに試験日は3営業日前から予約可能になってます。 つまり、最短今日申し込んで3日後に受験する事も可能です。
尚、Java認定試験の予約にはプロメトリックIDが必要です。
プロメトリックIDを取得していない方は まず最初にプロメトリックIDを取得する必要があります。

>>超効率的な勉強方法