アーカイブ( 2008年10月)





(2008/10/15)[未分類]
【初】

こんばんわ。初日記です(*゚ー゚)

京都府埋蔵文化財調査研究センター(向日市)は14日、弥生時代後期の木津城山遺跡(木津川市木津片山)で、尾根上に溝で区画した墓地3基が見つかったと発表した。計14の墓穴があり、副葬品の鉄製やじり1点が出土した。弥生後期の墓が、山上で見つかるは珍しいという。

まだまだ、日本にも色々な遺跡が残ってるね。まぁそりゃそうだろうけどさ。でも、もっとそういったものを大事にする気持ちが残っていってほしいね。