(2017/08/11)[資格とスキルのおしゃ]
客室乗務員、パン製造技能士、ほか・・

客室乗務員----

昔は女性のあこがれの職業の一つとして知られ、スチュワーデスといわれました。

1980年代以降、アメリカにおける「ポリティカル・コレクトネス」の影響で、スチュワーデスという言葉が姿を消しました。

日本ではキャビンアテンダント又は略してCAなどと呼ばれるようになっています。






パン製造技能士---

1級・2級だけじゃなく特級もあるパン製造にかかわる技能検定です。

2級の試験では、支給された小麦粉のうちから強力粉を選んで、直捏生地法で食パンをつくります。

1級では水の配合割合の決定等も行います。

特級では工程管理、作業管理、品質管理、原価管理、安全衛生管理、作業指導及び設備管理などが課題となります。





形削り盤作業----

平面や溝加工をする工作機械に形削り盤というのがあり、それらの作業に対する機械加工技能士もあります。

形削り盤作業の他、立削り盤作業や、平削り盤作業などもあります。

ただ作業効率の問題で、フライス盤に代わられてきているようですが、工作物に与える熱が少ない特性から、重宝される場合もあるようです。






義肢・装具製作技能士----

義肢・装具製作に関する技能を認定するための資格です。

義肢製作作業、装具製作作業に分かれ、それぞれに1級と2級があります。

義肢とは人工の手足のことであり、装具は補助器具の位置づけのようです。

それぞれに、使用者の日常を支える非常に重要な役割を担うのでした。






謝罪と心理----

相手への謝罪は、ビジネスにおいては、こちらが悪くない場合でも必要になる場合もあります。

相手の怒りをとにかく落ち着かせることが大事です。

時間が経ちすぎると謝罪の効果が薄くなる傾向にあるようですので、速やかに行うことも大事です。

また状況をしっかり理解しないと謝罪は難しいので、関係者に状況をしっかり確認することが大事です。





*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=toco2::0::20170811