(2017/12/08)[未分類]
しみるよ。




経験から言うと。

いくらセーフティ仕様の剃刀だからって、何でもかんでもセーフティってわけじゃないんだよね。

セーフティ剃刀って言葉に甘えきらずに、自分でできる剃った所のアフターケアはきっちりやらないとダメ。

だって、セーフティ剃刀だからと言って、剃った所の肌(角質)がはがれたり、かすり取られるのは普通の剃刀と変わらないんだから。

やっぱり、セーフティ剃刀を使ってのワキ毛処理だとしても、ワキのアフターケアとして、なんかクリームとか軟膏を塗ってみるくらいのことはしないとね。

顔に使うような化粧水とか美容液とかでもいいんじゃない?何も塗らないよりはマシじゃないのかな?

だいたい、セーフティ剃刀のセーフティって言葉は、刃で肌が切れたりしない、みたいな意味であるだけだからね。

セーフティの言葉の意味は、かなり限定されているからね。

そりゃ、いくらワキ用セーフティ剃刀で剃ったからって、何のアフターケアもしないまま汗止め剤やにおい消しスプレーをワキに振りまいたら、角質が剥ぎ取られたままのワキがしみたり、ヒリヒリしたりするのは当たり前の結果だといえるよね。

ワキ用セーフティ剃刀を使ってワキの毛を処理したからと言って油断せず、きっちりアフターケアをして、しばらく時間が経ってから汗止め剤やにおい消しのスプレーを使うといいよ。

わかった?

まあ、私はキャリアウーマンだし、それなりの給料をもらってるから、ワキを剃刀で処理してたのは遠く昔の話。

それなりの給料を使って、ちゃんと脱毛サロンには通い済みだから、ご心配なく。。。

脱毛


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=stki7ig1::0::20171208