(2006/03/11)[東京スポット情報]
上野動物園

上野動物園に行ってきました。

お茶目なパンダ目当てなのに
肝心のパンダのリンリンはたれパンダみたいに地面に仰向けで埋まってて
何かパンダっぽい物体がみえる程度しか鑑賞できず残念でした。


この日はぽかぽかと天気が良く、ちょうどお昼寝日和だったためか
ライオンもトラも、みんな気持ち良さそうにお昼寝してて、
死んだふりしてるみたいにぐて〜と寝転がってました。


鷹や鷲、アホウドリなど鳥類も鑑賞し
はやぶさの檻の前に来たのですが、
はやぶさの檻の中は何も見えませんでした。

きっとはやぶさは高速に動いてて
人間の目でははやすぎてとても追えないのかもしれません。。。


ゆっくりした動きが特徴のスローロリス、
500円玉よりも小さい世界最小のねずみ等
小動物を見た後は、地球上最大級の食いしん坊、お鼻も長いゾウを見ました。


でも、上野動物園のゾウと言うと「花子」の悲しい物語が頭に浮かびます。

戦時中…
動物園に爆弾が落とされて動物が街中に逃げ出したら大変なことになるとの不安から動物園の動物達を殺すことに決まり、毒の餌で毒殺しようとします。

ゾウの花子は頭が良いので大好物のジャガイモでも毒入りの餌は食べません。
そこで毒の注射を打とうとしたけど硬い皮膚に遮られて針は通らず、
最後は餌を与えないで餓死させようとします。

空腹でやつれながらも花子は必死にエサをねだり、
今まで教えられた芸を一生懸命やってアピールするのですが、
やがて元気が無くなり死んでしまいます。

確かこんな話。



そういえば僕は、ゾウさんも好きだけどキリンさんも好きです。
最後に、首を長くして待ってるであろうキリンを見ようとしたのですが、
閉園時間になってたため麒麟のお姿を拝見することは出来ませんでした。

またこよっと!




*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=jun::3::20060311