(2017/12/08)[未分類]
各部位ごとに。

別に誰に言われなくても、処理したい余分な体毛がたくさん生えているならば、脱毛の専門職人に処理をお願いするのがベストなのは言うまでもありません。⇒脱毛東近江

しかし、処理したい余分な体毛処理を脱毛の専門職人にお願いするには、それなりの対価が要求されます。

けっこう、脱毛の専門職人の料金って高いのです、ちくしょう。。。

そんな理由で、処理したい余分な体毛の処理を自宅の自室で習慣として行っている人も多いことでしょう。まあ、金がないなら脱毛サロンなんて夢のまた夢ですからね、現実的に。。。

今日の私は上機嫌なので、金がなくて脱毛サロンに通えないがために自宅の自室で日夜孤独に自己ムダ毛処理にいそしむ方々へ、ためになるムダ毛処理アドバイスをして差し上げようかと思っているのです。特に、【背中】と【手足の指】についての効果的なアドバイスを期待してくださってけっこうです。

では、まず【背中】のムダ毛処理についてのアドバイスから。

【背中】のムダ毛処理に使うツールとして有名なのは、除毛剤、顔用の電動シェーバー、かみそりがトップ3といえますよね。

〔除毛剤〕
除毛剤の特色は、まず痛みが全くないところですね。

除毛剤は、浴室で使うとラクです。

まあ、頭髪に液体がまとわりつかないように、ロングヘアの人はあらかじめ頭髪をアップしておくなどのめんどくさい手続きが必要ですが。

また、除毛剤の短所は、新手のムダ毛がスグに生えてきやすいところですね。


〔かみそり〕
処理したい余分な体毛が、人一倍たくさん生えている人であれば、かみそりで剃ってしまうのが王道といえるでしょうね。

しかし、刃物だけに、背中に切り傷が入ってしまう恐れもありますよね。だから、安全性ができるだけ高いT字型のかみそりを買ってきて、おばあさまやお母様やお姉様や妹様あたりにお願いするといいですよ。

まあ、おばあさまやお母様やお姉様や妹様あたりには、後で手間賃として何かテキトーに渡しとけばいいですからね。ガムとか、アイスキャンデーとか、ハイチュウとか、ミルキーとか。。。


〔顔用の電動シェーバー〕
この顔用の電動シェーバーは、痛みがなくて操作が簡単なのはもちろんですが、最大マックスの長所は、何と言っても安全バリバリであるところでしょう。シェーバーの刃には、キッチリ専門のガード部品が備え付けられていますので、鏡に映しながら自分の手で背中のムダ毛処理をやっても何の危険もないわけです。

ただ、みっともないですから、腰まわりなどに剃り残しなどのございませんようご注意ください。

まあ、除毛剤と同じく、新手のムダ毛がスグに生えてきやすいのが短所ですが。。。







【手足の指】のムダ毛処理に使うツールとして有名なのは、まず除毛剤。

そして、毛抜き、テープ、電気脱毛器といった抜く系ツール。

そしてかみそり。

これらがトップ3といえますよね。

〔除毛剤〕
手足の指のムダ毛を除毛剤でやっつけるときは、別に背中の時みたいなめんどくさい手続きなどは必要ありません。あんなの、脚や腕やワキを除毛剤でムダ毛処理した片手間にできますからね。ワキや腕に使った除毛剤を、手足の指先にも流用したらいいんですから。手足の指のムダ毛処理なんかのために、いちいち改めて除毛剤を準備して、わざわざ時間をとったりしていたらバカらしいですよ。

〔毛抜き、テープ、電気脱毛器といった抜く系ツール〕
手足の指をツルピカのスッテンテンにしてしまいたいならば、抜き去る系のツールを使うべきですよね。

もし、毛抜きで地道に作業するのがめんどくさいならば、やはり電気脱毛器やテープを起用して、一網打尽にムダ毛をぶち抜くことを考えることになるでしょうね。

〔かみそり〕
手足の指一本一本に生えているムダ毛の量なんかたかが知れているとはいえ、手足の指は両手両足合わせて、5×4=20本もあるわけでしょ?
指20本分をすべて毛抜きで抜くとなると、ちょっと大変ですよ・・・。

ここは、安全カバー付きのT字かみそりの起用を進言しますね。


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=fdetefqy::0::20171208