(2017/12/04)[未分類]
思い入れ

そういう思い入れの強い愛車を手放すとなったら、やはり、その価値を理解してくれるところに引き継いでもらいたいものだと思います。

たぶんディーラーの下取りなどは初めからアテにしてはいないでしょう。

実際、ディーラーでは【福祉車両・車いす仕様車・車椅子車】のように独自の価値を持つ車を下取りしても、それを売却するルートを持っていません。

だからほとんど値段がつかないこともありますし、ついたとしても「標準車」より低い査定額になるケースが大半です(「マイナス査定」)。福祉車両・車いす仕様車・車椅子車|買取


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=cm67y9b::0::20171204