【更新履歴】





(2012/12/10)[美容系業種]
海外の履歴書を

日本の履歴書と海外の履歴書では、

書式が全く異なることをご存知でしょうか。



よくインターネット上で見かけるものがあるのですが、

海外の履歴書は本当にインパクトの

大きなものばかりなのです。



実際、ここまで魅力的なものは

日本の履歴書ではありません。



なぜ、こんなにも違いが

あるのでしょうか。



それは、日本と海外の国の雇用環境が

全く異なるからなのです。



多くの海外では、履歴書をチェックするのは、

現場の管理職の人なのですが、

やはり忙しい方が多いため、

履歴書を見るための時間を

取ることが難しいのです。



そこで、デザインに凝っていながらも、

見やすく、インパクトを与える履歴書

というものが普及したと考えられます。



いずれ、日本もこういったカタチの

履歴書が普及するかもしれませんね。




*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=yxbelcwb::0::20121210






(2012/11/22)[美容系業種]
履歴書を書くにあたって大事なのは

履歴書を書くというのは、

どのような目的かはご存知でしょうか。



自分がどのような人物なのかということを

伝えるためなんです。



企業も、履歴書を読んで、一度会ってみたいという風に

思う人材と出会いたいのです。



では、どうすれば、そう思ってもらえるような履歴書を

書くことができるのかというと、

書いてはいけないことを書かなければいいのです。



たとえば、退職理由を書かなくてはいけない欄に、

ネガティブなことを書かないようにするということが

大事でしょう。



人間関係に嫌気が差したとか、給与に不満がある

といったマイナスなイメージの退職理由や、

志望動機を書かないでください。



そういう履歴書を書いた人と出会ってみたいと思う

面接官はきっと少ないでしょうからね。




*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=yxbelcwb::0::20121122






(2012/11/05)[美容系業種]
履歴書の自己PRなどでは

今回は、自己PRなどのアピールする際の

ポイントを紹介したいと思います。



基本としてはピラミッド型の構成を

意識するようにしてください。



まず、私は、主軸である、そして主軸2である

というものがセオリーですね。



そこから、その理由について順番に具体的に

話しをするようにしましょう。



最初に結論を話すようにし、そこから最後にもう一度

結論をという形がベストですね。



採用担当の人が採用することをメリットだ

という風に判断させることが最も大切なポイントなので、

覚えておいてください。



あと、面接時の会話のテクニックとしては、

一体どのくらいの項目が最初にあるのか

といったことを相手に伝えれれば、

印象はさらに良くなると思います。



質問も明確になることによって

自分のアピールもしやすくなります。


*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=yxbelcwb::0::20121105






(2012/10/30)[注意すべき点]
履歴書では、こんな志望動機もダメ

さて、前回の内容に引き続きますが、

今回も履歴書で書いてはいけないものを

紹介したいと思います。



それは、自分の個性というものがない文章です。



言ってしまえば、誰にでも言えるような

言葉でしかない履歴書ですね。



よく見かけるものが、業界で一番だからや、

働きやすい環境だからといった誰にでも書ける

内容でしか志望動機が書かれていないのです。



こういった当り障りのない志望動機というものは、

誰にでも書けてしまいます。



そんな志望動機を数えきれないほど見てきた面接官が、

いいなという風に思うはずがありませんよね。



なので、できる限り、自分の色を加え、誰も書かないような、

書くことができないような志望動機を書くことが

履歴書には求められているのです。




*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=yxbelcwb::1::20121030






(2012/10/24)[注意すべき点]
履歴書の志望動機のタブー

さて、これまで何度となく、このブログでも紹介してきた

志望動機に関する話しを今回したいと思います。



履歴書を書く上で、志望動機で悩まされる方も

多いのでは無いでしょうか。



自身の第一志望の企業であるならば、

自然と志望動機も浮かんできますが、

何十社も応募する場合には

そうもいかないものですよね。



そこで、志望動機でやってはいけないことを

まとめてみたいと思います。



まずは、裏付けもなく、抽象的な用語を

多用してしまうことです。



最近ですと、グローバルという横文字を

使われる方が非常に多いのですが、

これは確かにかっこ良く聞こえます。



しかし、ふわふわとした内容になってしまい、

志望動機が伝わりにくいという難点があるのも事実です。



取り立てて意味もなく、こういった用語を

使うことは避けましょう。




*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=yxbelcwb::1::20121024




プロフィール

  名前: yxbelcwba
 >>more...

スケジュール


カテゴリー

 ■ 美容系業種
 ■ 注意すべき点
 ■ 履歴書のコツ
アーカイブ

 ■ 2012年度

ブックマーク

 @ 登録データなし