【更新履歴】





(2018/11/19)[未分類]
被災地で注目される植物工場

食の安全・安心と効率的栽培を両立。津波によって海水を被った田や畑などで農業を再開するには、土壌の浄化処理が不可欠となる。そうした地域に再び農業を復興させようと、いま注目されているのが植物工場だ。人工的に管理された環境の中で、安全・安心な食物を、従来農法に比べてより効率的に収穫できることから、ゼネコンや設備工事会社、関連メーカーが技術開発に力を注ぎ、市場拡大をもくろんでいる。被災地で注目される植物工場



*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=xl26s8ma::0::20181119






(2018/11/18)[未分類]
不動産取引には登場人物も要注意!

「この不動産投資はうまくいくな〜」と思っていても、思わぬところで足をすくわれて、結局投資そのものが成就しないケースや、何らかの思わぬトラブルが発生して手を引かざるを得ないというケ−スを、残念ながらときどきお見受けます。不動産取引には登場人物も要注意!



*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=xl26s8ma::0::20181118






(2018/11/15)[未分類]
定期借地権も、旧借地権や普通借地権と

定期借地権も、旧借地権や普通借地権と同様、地上権もしくは賃借権の設定登記または建物の登記をもって第三者に対抗することができます(10条1項)。また、建物が滅失し、再築を予定しているときは掲示をもって第三者に対抗することができます(10条2項本文)。https://libancert.com/opposition/



*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=xl26s8ma::0::20181115






(2018/11/13)[未分類]
倒産手続における賃料への物上代位

(1)賃貸人倒産の場合の物上代位行使。(a)破産手続の場合。抵当権者による賃料に対する物上代位の行使としての民法304条の差押えがなされている場合に,後から破産手続が開始しても,物上代位権の行使はただし,賃借人の破産管財人に対する関係ではなく,その賃借不動産抵当権者との関係では,敷金概念は依然として。

倒産手続における賃料への物上代位



*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=xl26s8ma::0::20181113






(2018/11/10)[未分類]
個人情報の第三者提供の部分は、

個人情報の第三者提供の部分は、個人情報取扱事業者が最も神経を使わなければならない部分だといえるでしょう。個人情報が、もし本人の知らないうちに第三者に提供されたとすると、その提供先で本人にとっては不測の権利利益の侵害をもたらす危険性が高くなるからです。本人の同意がない場合の個人データの第三者への提供は、第二十三条第一項で「次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならない」と規定しています。しかし、すべての場合で、本人の同意を求めるのは困難です。https://kevinbishopviola.com/index.php/personal-information/third-party/



*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=xl26s8ma::0::20181110




プロフィール

  名前: 鞠子
 >>more...

スケジュール


カテゴリー

 ■ 未分類
アーカイブ

 ■ 2018年度

ブックマーク

 @ i's SQUARE