【更新履歴】





(2018/04/13)[馬渕教室]
馬渕教室 スレ 2ch 2ちゃんねる 2017

教育業界の先頭を走る続けることができる理由

生徒数43,000名。大阪・奈良・京都・兵庫で集団指導塾「馬渕教室」をはじめとする教育事業を展開するウィルウェイは、関西では最大規模の総合教育企業である。少子化により競争が激化する中で、どうしてウィルウェイは成長を続けられるのか。その要員の一つとして挙げられるのが、社内に根付く挑戦の風土である。同社では創業以来、常に一歩進んだ教育を取り入れてきた。今でこそ当たり前になってきた映像授業にもいち早く挑戦。近年では「反転授業」という新しい授業に取り組んでいる。挑戦にはリスクがつきものである。企業の規模が大きくなれば、それに比例してリスクも増す。それでも、生徒のことを第一に考え、挑み続ける。そこが同社の凄さであり、他社との差に繋がっている。

もちろん、挑戦を成功へと導くには、企業全体が一枚岩でなければならない。その点、同社は社長や役員を含め、経営層のほとんどが講師出身。「生徒の夢を大きく育て、絶対に実現させる」という誓いを長きにわたって実践してきた大先輩である。だから経営層と現場に志のブレがなく、常に生徒のことを想い、全員が一丸となって挑戦を続けられるわけである。
中学校の非常勤講師を経て、ウィルウェイに転職。それから10年にわたって同社の成長を内側から見てきた中井は、こう語る。「ウィルウェイでは常に挑戦・変化を求められます。特にこの10年は大きな挑戦・変化の連続。そこにアジャストしていくのは、正直大変ではありました。でも、それだけ得られるやりがいや成長も大きい。先日も昔教えた生徒が、私のいる校舎をわざわざ調べて訪ねてきてくれたんです。航空会社に就職が決まったことを、私に伝えたかったようです。彼女は英語を苦手としていました。それが私の授業を通して好きになり、最終的に英語を使う仕事に就いてくれた。その時は本当にうれしかったですね。これも“生徒の夢を大きく育て、絶対に実現させる”という誓いを胸に、挑戦・変化を続けてこられた結果。入社した頃は、いつか公教育の場に戻ることも考えの片隅にありましたが、それはもうありません。自分の理想とする教育は、ここにあるので」。

生徒のことを想い、挑戦・変化を続ける講師たち。高い志を持ち、己を磨き続ける彼らの存在こそ、同社が教育業界をリードし続けることができる最たる要因である。


馬渕教室 2ch馬渕教室 2ch馬渕教室 2ch馬渕教室 2ch馬渕教室 2ch


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=willbbs5::0::20180413






(2018/03/13)[馬渕教室]
馬渕教室

小学校受験から大学受験までを対象とする馬渕教室。
創立以来の理念「最大の塾ではなく、最高の塾でありたい」を掲げ、近畿一円に校舎を展開。生徒と目標を共有し、志望校合格に向けて前進するためには地域密着の教育が重要と考え、新校舎を続々と開校しています。

志望校合格にこだわり、
それを誇りにできる講師が集まった塾が馬渕教室です。
けれども大切なことは、
何のために志望校合格にこだわるのかということです。

勉強をする意味と努力する意味を講師が子どもたちに伝える。
結果として志望校合格があり、それは「生徒の夢の実現」につながります。

たとえば馬渕教室の校舎の入り口には生徒が登校する時間になると
講師が立ち、明るい挨拶とともに生徒を迎えています。
これはすべての馬渕教室に共通している習慣であり、
生徒の生活態度をより良いものに変えていくのも馬渕教室の教育の一環です。

難関校への合格率も高く、保護者からの信頼が厚いのも馬渕教室の誇り。
現在、より地域密着型の教育の実現ときめ細かい志望校合格へのアプローチに向けて、
各地域で校舎の新設を進めています。



*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=willbbs5::0::20180313




プロフィール

  名前: 馬渕教室
 >>more...

スケジュール


カテゴリー

 ■ 馬渕教室
アーカイブ

 ■ 2018年度

ブックマーク

 @ i's SQUARE