【更新履歴】





(2017/08/11)[資格とスキルのおしゃ]
客室乗務員、パン製造技能士、ほか・・

客室乗務員----

昔は女性のあこがれの職業の一つとして知られ、スチュワーデスといわれました。

1980年代以降、アメリカにおける「ポリティカル・コレクトネス」の影響で、スチュワーデスという言葉が姿を消しました。

日本ではキャビンアテンダント又は略してCAなどと呼ばれるようになっています。






パン製造技能士---

1級・2級だけじゃなく特級もあるパン製造にかかわる技能検定です。

2級の試験では、支給された小麦粉のうちから強力粉を選んで、直捏生地法で食パンをつくります。

1級では水の配合割合の決定等も行います。

特級では工程管理、作業管理、品質管理、原価管理、安全衛生管理、作業指導及び設備管理などが課題となります。





形削り盤作業----

平面や溝加工をする工作機械に形削り盤というのがあり、それらの作業に対する機械加工技能士もあります。

形削り盤作業の他、立削り盤作業や、平削り盤作業などもあります。

ただ作業効率の問題で、フライス盤に代わられてきているようですが、工作物に与える熱が少ない特性から、重宝される場合もあるようです。






義肢・装具製作技能士----

義肢・装具製作に関する技能を認定するための資格です。

義肢製作作業、装具製作作業に分かれ、それぞれに1級と2級があります。

義肢とは人工の手足のことであり、装具は補助器具の位置づけのようです。

それぞれに、使用者の日常を支える非常に重要な役割を担うのでした。






謝罪と心理----

相手への謝罪は、ビジネスにおいては、こちらが悪くない場合でも必要になる場合もあります。

相手の怒りをとにかく落ち着かせることが大事です。

時間が経ちすぎると謝罪の効果が薄くなる傾向にあるようですので、速やかに行うことも大事です。

また状況をしっかり理解しないと謝罪は難しいので、関係者に状況をしっかり確認することが大事です。





*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=toco2::0::20170811






(2017/08/05)[資格とスキルのおしゃ]
スタントマン、電気製図技能士、ほか・・

スタントマン---

危険な演技を行う演者です。

派手なアクションは行うものの、外には顔が出ることがないのでした。

映画などの作品を陰で支える専門職です。

けがはもちろんですが、命がけのアクションもあったりで、大変な仕事です。

カーアクションや火、爆発、高所などいろんな危険があるのでした。





電気製図技能士---

電気製図は建築などと違い見た目だけの設計ではないです。

見えない電気を相手にしているので、それに応じた考えも必要です。

また電気製図ならではの記号もあったりします。

配電盤・制御盤製図作業についての試験では等級区分が1級から3級までになっています。

実力に応じたチャレンジです。






フライス盤作業----

フライスという切削工具を回転させること工作物に切削加工を行うフライス盤です。

数ある工作機械の一つであり、機械加工技能士にもこの作業の資格があります。

等級区分は1級と2級があります。

主軸方向などにより、立フライス盤、横フライス盤、万能フライス盤などもあります。






塗料調色技能士----

単一等級のみの技能検定です。

塗料調色に関する学科と実技で技能を認定する資格です。

ラッカーエナメル、合成樹脂調合ペイント及び合成樹脂エマルションペイントによる調色を行います。

塗料っていろんなものに使われるので、かなり影響の大きい技能かもしれませんね。





放任型リーダー---

集団に最小限にしか関与しないで、決定事項もメンバーの自由に任せがちなリーダーのことです。

さぼりなどで仕事をしなくなるメンバーが出やすい傾向にあるようです。

放任するだけではメンバーの自主性は育たないのかもしれないです。

このタイプのリーダーのもとでは、グループの仕事の質も量も上がりにくいようです。





*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=toco2::0::20170805






(2017/07/29)[資格とスキルのおしゃ]
スタント・パーソン、光学機器製造技能士、ほか・・

スタント・パーソン---

スタントマン、スタントウーマンともいわれます。

さまざまなスタントをこなす人たちで、活躍の場は映像作品、舞台やイベントなどです。

高度かつ危険なシーンを専門に演じることから、普段からしっかりトレーニングされた専門家たちです。

さらに代わりになる俳優に似せた動きの演技も大事なんだとか。





光学機器製造技能士---

顕微鏡や望遠鏡などの光学機器は情報技術とも相まって非常に重要な役割を果たしています。

内視鏡やカメラなど用途も広いです。

そんな光学機器製造にかかわる技能検定です。

区分は、光学ガラス研磨作業と、光学機器組立て作業があります。

それぞれ1級と2級があり、実力に応じて挑戦します。






旋盤作業と技能士---

旋盤を使う作業についての機械加工技能士には、いくつかあります。

普通旋盤作業、タレット旋盤作業、立旋盤作業などです。

それぞれ等級区分もあり実力や経験に応じて選んで受験します。

普通旋盤作業の1級には滑り止め等の用途に用いられるローレット加工などが含まれます。





印章彫刻技能士----

印章彫刻に関する技能の検定です。

木口彫刻作業、ゴム印彫刻作業に分かれます。

一級と二級の等級区分があり、経験・実力に応じた選択を行います。

印象といえば日本では大人になると欠かすことができないものです。

ペーパーレスにはなってきているけど大事なものですね。






民主型リーダー----

集団の中の人間関係の良好さが維持されやすいタイプのリーダーです。

メンバーの意見や議論を重視したかたちでの決定を行うのが特徴です。

メンバーを鼓舞するのが上手い傾向があり、集団意識も強くなりやすいです。

雰囲気がよく、仮にリーダーが不在の時も自主的にメンバーが動けるのが強みでしょう。





*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=toco2::0::20170729






(2017/07/22)[資格とスキルのおしゃ]
スタジオ・ミュージシャン、自動販売機調整技能士、ほか・・

スタジオ・ミュージシャン---

楽器演奏を行うミュージシャンのことです。

音楽スタジオでのレコード、CDなどの作成のための演奏を行うことから、名前にスタジオなんですね。

ステージサポートの楽器演奏なども行うそうです。

自分たちの楽曲というよりは、基本的に他人の楽曲を演奏するのが仕事です。





自動販売機調整技能士----

技能士のひとつで、自動販売機調整に関するものです。

試験ではキャビネット部、搬出装置部、制御装置部を組み立て正しく動作するように調整します。

1級・2級のほか特級もあります。

自分の実力に応じた選択で挑戦します。

名称独占資格で、等級の表示も欠かせません。






機械加工技能士---

作業科目が非常に多く、それぞれに等級設定がされた機械加工にかかわる資格です。

実技と学科の試験があり、両方に合格する必要があります。

知識だけではだめということですね。

技術者の証明としては適切な資格と考えられます。

名称独占があるので、勝手に名乗ることもできませんしね。






化学分析技能士---

科学分析に関する技能検定です。

1級と2級の等級区分があります。

作業試験として、定性分析や定量分析が課題として出されます。

化学反応の知識をフル動員して、目の前の試料を調べます。

操作には順番も重要だったり、微妙な量の調整も大事だったり。

技能と知識が問われるのでした。






専制型リーダー---

強いリーダーで、作業方針、手順、分担などすべてをリーダーが決めて、メンバーに指示するタイプです。

リーダーへの依存が強いですが、生産性は高いんだとか。

メンバー間では敵対的行動が見られたり、自己中心的な行動の傾向も出やすいようです。

リーダーのタイプがメンバーに及ぼす影響は大きいです。





*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=toco2::0::20170722






(2017/07/15)[資格とスキルのおしゃ]
スタイリスト、プリント配線板製造技能士、ほか・・

スタイリスト---

出演者が身につける衣裳や、アクセサリー小物、髪型などをコーディネートするのが仕事です。

映画・テレビ番組・写真など様々な活躍の場があります。

言葉の語源は、フランス語のstyliste(スティリスト)が由来なんだそうです。

特別な資格はないようですが、豊富な知識や経験が大事な仕事です。





プリント配線板製造技能士----

電子部品を構成する重要な部品のプリント基板に関わる技能士です。

プリント配線板設計作業、プリント配線板製造作業の区分があります。

1級から3級までの等級区分がありきめ細かい感じしますね。

それだけ資格でも力を入れているという事でしょうか。

電気・電子系の知識や技能が重要です。





粉末冶金技能士---

粉末冶金に関する学科及び実技試験を受験し合格した者が名乗ることができる国家資格であり、名称独占資格です。

ハードディスクなどの小型モーター部品などでもこの方法による技能が使われており、非常に重要な技能の一つです。

等級区分があり1級と2級があります。






ロープ加工技能士----

紐や針金などの細長い繊維または素線を、さらに縒り合わせたロープについてその加工に関する技能検定です。

等級には1級と2級があります。

例えば、2級の実技試験では、ワイヤロープを用いて、玉掛索及びショートスプライスによるエンドレス索を製作するそうです。






相づちについて----

相づちは受け身な反応ですし、直接情報を含むものではないですが、実は重要な意味ももちます。

相づちがいいと話す側も会話に力が入ります。

相づちの様子で、相手がどの程度関心があるかを手応えとして知ることもできます。

たかが相づちと軽く考えるのではなく、相づちの意味を認識することは意外と重要だと思います。





*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=toco2::0::20170715




プロフィール

  名前: いきいき
  性別: 男(♂)
   (*^^*)ニコニコ
 >>more...

スケジュール


カテゴリー

 ■ 資格とスキルのおしゃ
アーカイブ

 ■ 2017年度
 ■ 2016年度
 ■ 2015年度
 ■ 2014年度
 ■ 2013年度
 ■ 2012年度
 ■ 2011年度
 ■ 2010年度
 ■ 2009年度
 ■ 2008年度

ブックマーク

 @ i's SQUARE