【更新履歴】





(2017/11/16)[資格とスキルのおしゃ]
観光と大学、帆布製品製造技能士、ほか・・

観光と大学---

観光に関するコースを設置する地方大学があります。

国内観光の拡大やリピーターの増加で多様化する旅行のニーズも背景にあるようです。

単なるホテルマンやツアーコンダクターだけではないようです。

観光地づくりや観光地全体のマネジメントができる人材育成も視野においているんだとか。






帆布製品製造技能士----

綿や麻や亜麻で作られる、平織りで織られた厚手の布を帆布といいます。

その帆布製品製造に関する技能士です。

等級区分は1級と2級があります。

もともと帆布は、帆船の帆につかうために作られた丈夫な布なんだそうです。

油絵用のキャンバスや、テントの天幕、カバン、靴などにも使われるそうです。





放電加工技能士----

アーク放電によって被加工物表面の一部を除去する機械加工とされる放電加工の技能検定です。

使う加工機械に応じて試験も区別されます。

形彫り放電加工作業や、数値制御形彫り放電加工作業、ワイヤ放電加工作業などです。

等級があり、自分の技能に応じたレベルのものを選ぶ形になります。






着付け技能士---

着物の着付けの技能検定です。

和服の着付けはなかなかできる人がいないので、美容院とかで頼む人がおおいです。

浴衣から、振袖、留袖など、和服にもいろいろです。

男性の場合は紋付き袴などですね。

2級と1級の等級区分があります。

実務経験や技能にい応じて挑戦するのでした。






社会的勢力---

派閥云々に興味がなくても、参考になる考え方です。

自分の意図するように、相手の行動や態度を変える力を社会的勢力という場合があるそうです。

その基盤を分類すると、報酬勢力、強制勢力、正当勢力、専門勢力、準拠勢力、魅力勢力、情報勢力に分けて考えることができるそうです。

骨の折れる説得が必要なとき、きっと分析の助けになると思う。





*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=toco2::0::20171116






(2017/11/08)[資格とスキルのおしゃ]
クリーニング長期保管、寝具製作技能士、ほか・・

クリーニング長期保管----

クリーニング業者では、仕上がり日を大幅に過ぎた品物の保管に苦慮しているみたいです。

数年はもちろん20年以上保管している場合もあるんだとか。

お客さんが完全に忘れていたり、転居していたり、亡くなっていることもあるみたいです。

保管スペースに困るほどの業者もあるそうです。





寝具製作技能士---

布団などの寝具の製作に関する学科と実技による技能検定です。

誰もが必要とする寝具についての技能です。

等級区分が1級と2級に分かれています。

1級では掛けふとん、2級ではかいまきを製作するそうです。

袖のある寝具である、かいまきは難易度が高そうですね。






工業彫刻作業---

彫刻というとなんだか芸術的な響きがあるけど、機械加工の技能検定のひとつです。

でももともとは工業彫刻技能士は機械加工とは別扱いだったそうです。

それが2008年に統合されたんだとか。

金属材料や透明アクリル板に課題の彫刻を平板彫刻機を用いて行う実技があります。





金融窓口サービス技能士----

金融窓口サービスに関する技能や知識を認定する資格です。

テラー業務、金融商品コンサルティング業務の2つの科目があります。

等級は1級から3級までとなっています。

実務経験や実力に応じて挑戦するかたちです。

金融商品の知識や、提案力、説明力なども大事なのでした。





笑いと心理---

笑いから相手との距離が縮まることもあります。

真剣な話ばかりでは、疲れてしまいます。

ときどき笑いを入れることで、大事な話もスムーズに進むということもあります。

もちろん時と場合によっては笑いに相応しくないこともありますが。

多くの場面で雰囲気づくりに大きな役割を果たすはずです。





*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=toco2::0::20171108






(2017/10/30)[資格とスキルのおしゃ]
フリーランス、和裁技能士、ほか・・

フリーランス---

企業と雇用契約を結ばないで働く人たちのことをフリーランスといいます。

通訳や、イラストレーター、保険外交員などがあります。

スポーツ選手もフリーランスです。

契約において相手企業に不利な立場になりやすいこともあります。

取引において対等に渡り合うには実力だけじゃないのかも。






和裁技能士---

和服には欠かせない和裁についての技能検定です。

日本の文化に欠かせない和服だけに、いつまでも残したい技術ですね。

試験は和服製作作業として、1級から3級までの等級区分があります。

和裁については和裁士という資格もあるようです。

いずれも技能を示すための資格のようです。





けがき作業----

トースカン、ハイトゲージ、コンパス、ポンチなどの工具をつかって作業します。

鉄やアルミなど金属材料の表面に加工の目印をつける作業です。

引っかいて傷をつけるのですが、何回も往復するような引き方ではなく、一回のモーションでサッと決めるのが大事です。

状況に応じて工具を選んだり引き方を変えたりします。





知的財産管理技能士----

略称は知財技能士です。

知的財産管理に関する技能を認定する資格です。

技能の内容に応じ、3級、2級、1級に区分されます。

法律上、独占業務が付与される弁理士とは目的が異なるそうです。

1級はIPSSレベル4相当、2級は1級:IPSSレベル2相当、3級は1級:IPSSレベル1相当なんだそうです。






自己開示---

進んで自己開示する人って人間関係がスムーズな人が多いです。

とはいえ単なる自慢話では印象はよくないですが。

弱みも含めて自己開示することが、相手の信頼を得るには近道のようです。

なかなか自分のことを話さない人には親近感とか共感はわきにくいものです。





*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=toco2::0::20171030






(2017/10/23)[資格とスキルのおしゃ]
AI時代とOJT、紳士服製造技能士、ほか・・

AI時代とOJT---

職場内訓練(OJT)は、仕事を覚える定番でした。

しかし人工知能(AI)や「IoT」などが広がる時代には、OJTの限界が指摘されているのでした。

自社内の経験だけでは実践的な能力が養えないということです。

そのため大学や研究センターなどと協力した人材育成が求められるのでした。






紳士服製造技能士----

注文服や既製服など紳士服の製造に関する技能を認定する試験です。

紳士注文服製作作業のほか、紳士既製服型紙製作作業、紳士既製服縫製作業、紳士既製服製造作業などの区分があります。

自分の技能に応じて受験します。

それぞれに1級と2級の等級区分もあります。






精密器具製作作業----

使う工作機械による技能検定ではなく、精密器具の製作についての技能検定です。

そのため、旋盤や、フライス盤、平面研削盤等の工作機械などを用いて、課題にあたります。

1級の場合は精密器具としてセンタ台を、2級の場合はダイヤルゲージスタンドを制限時間内に製作します。





FP技能士----

ファイナンシャル・プランニング技能士です。

これは、顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談に必要な技能を認定する資格です。

1級、2級、3級の区別があり実務経験や実力に応じた受験となります。

試験は、一般社団法人金融財政事情研究会とNPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が行います。





社会的現実性----

周りの人等から自分に賛成されたりすることで、自分の意見は正しいと考えることができます。

またほかにも、自分と同じ意見を表明した他人の存在を知ることでも、意見の正しさを確認できるようです。

このことからも同意者の数というのは説得力があることが分かります。





*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=toco2::0::20171023






(2017/10/16)[資格とスキルのおしゃ]
小学生の先生と英語、婦人子供服製造技能士、ほか・・

小学生の先生と英語----

昔は小学生の授業に英語はなかったです。

でも小学校でも英語をするようになり、昔は期待されると思わなかった英語力が、小学校の先生にも期待されるようになりました。

もともとはそんなつもりじゃなくても、教える立場の責任もありますし、つらいところでしょうね。





婦人子供服製造技能士---

1級と2級の等級区分があり、それぞれ上級技能者、中級技能者の位置づけとなっています。

経験年数が受験資格に影響します。

婦人子供注文服製作、婦人子供既製服製造、婦人子供既製服パターンメーキング、婦人子供既製服縫製から選んで試験を受けます。

でも婦人服と子供服ってひとくくりなんですね。






マシニングセンタ作業----

いろいろな加工を1台でこなす数値制御工作機械についての技能検定です。

マシニングセンタの特徴として自動工具交換機能を持ちます。

登場は1958年のことで、いろいろな種類のものが登場しています。

技能検定では機械加工とともにプログラミングについてもその技能を試されます。






ピアノ調律技能士---

ピアノ調律に関する技能検定です。

一般社団法人日本ピアノ調律師協会が実施します。

ピアノの調律ってある種の才能がないとできないイメージだけに、それを認定する資格があるのは分かりやすくていいと思います。

1級から3級までの等級区分があり、経験・実力に応じて受験します。






ゴマすりの効果----

ゴマすりというのは上司にとっては効いたとしても、同僚から見ると反感の対象になりやすいです。

昔と違ってビジネス環境も厳しくなっており、仕事内容の伴わない評価は得られにくくなっています。

ゴマすりの効果ってそれほど高くないです。

むしろ、反感を買う負の部分のほうが大きいかも。





*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=toco2::0::20171016




プロフィール

  名前: いきいき
  性別: 男(♂)
   (*^^*)ニコニコ
 >>more...

スケジュール


カテゴリー

 ■ 資格とスキルのおしゃ
アーカイブ

 ■ 2017年度
 ■ 2016年度
 ■ 2015年度
 ■ 2014年度
 ■ 2013年度
 ■ 2012年度
 ■ 2011年度
 ■ 2010年度
 ■ 2009年度
 ■ 2008年度

ブックマーク

 @ i's SQUARE