【更新履歴】





(2017/11/06)[未分類]
ボランティア

べつにボランティアでやっているのではないんです。


業者としては、どんな車を引き取っても赤字になる心配がないので、後は、まだまだ中古車として売れる車や部品取りしてその部品を売却できる車であれば、<プラス査定>となり、買取価格が付きます。

また、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料などの戻りが発生するケースでは、これらのお金も手元に戻ってきます(買取価格とは別枠で戻ります)。水没車買取


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=pj9sj7r::0::20171106






(2017/10/26)[未分類]
廃車

その理由は、こちら(「廃車専門業者が廃車処分費用(廃車手続き費用)を0円でできる理由」)を参照していただくとして、このページでは、廃車手続きの流れをご案内したいと思います。

廃車手続きを自分でやる方法は、以下の通りです。

■永久抹消登録の手続き
「永久抹消登録」とは、車を解体処分して、今後、自分も第三者も二度とその車に乗れないようにする手続きのこと
(1)車解体業者に車の解体を依頼する
  <※>電話帳やネット検索で業者を探してください。
(2)解体したことを証明するメモ書きを自分で作成する
  <※>このメモ書きは、自動車リサイクル券(使用済自動車引取証明書)に記載されている「移動報告番号」と、解体処理が終了した旨の連絡をリサイクル業者(解体業者)から受けた際の「解体報告記録がなされた日」を自分で書き留めたメモ書きのことです。よく「解体証明書」という言葉が使われますが、正式にそのような書類はなく、この自分で作成したメモ書きのことを仮にそう呼んでいるに過ぎません。なお、災害等により車を廃車処分する場合は、このメモ書きは不要で、その代わりに、市区町村が発行する「罹災証明書」が必要になります。廃車買取


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=pj9sj7r::0::20171026






(2017/10/25)[未分類]
水没車

・カーネクストはアフリカやミャンマー等への輸出直販ルートを数多く確保しているので、他社で査定が付かなかった車にも買取額が付くケースがごく普通にあります。

・一般的な乗用車はもちろん商用車(トラック・バン・ディーゼル車など)も国外では「日本製」ということで人気が高く、高価買取が当たり前になっています。

日本車の耐久性の高さは、過去数十年の実績が証明しているところです。

・車検切れの車、ローンが残っている車、亡くなった親名義の車で遺産相続の対象になっている車、自分の土地に放置されている他人名義の車、海外赴任で急遽廃車にしたい車など、岩手県 大船渡市にお住まいの方で、このような一般人には厄介に思える「特殊案件」であっても、カーネクストなら豊富な経験を持つプロとしてごく当たり前に対応してくれるんです。水没車



*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=pj9sj7r::0::20171025






(2017/10/24)[未分類]
マンション

そんなあなたに当サイトがおすすめするのが不動産の<一括査定サイト>です。

車を売る際、買取額を一括で査定してくれるサイトがありますが、あれの不動産版です。




たとえば、あなたが静岡県にマンションをお持ちの場合、最低限の情報(所在地、築年数、延べ床面積など)を入力し、一括査定に申し込むと、その情報が1000社前後の不動産会社に送信されます(プライバシー厳守なので大丈夫)。

すると、あなたの物件に興味を示した複数の不動産会社がおおよその査定額(鑑定額)を提示します。

そしてより高い査定額を提示した上位数社からあなたのところにメールや電話で連絡が入ります(最大で6社から)。
マンション・一戸建て・土地・不動産|売却 査定

こうやって複数の不動産会社から連絡を受けたあなたは、一番高い査定額を出した会社を選んでもいいですし、あるいは、査定額は一番でないけれど応対の感じがよく質問にもちゃんと答えてくれたから、といった理由で二番目に高い査定を出した会社にすることもあるでしょう。


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=pj9sj7r::0::20171024






(2017/10/12)[未分類]
廃車

かつては、年式の古い車や動かない車を買い替えるときに「下取りに出したら逆に処分料を請求された」ということがごく当たり前にありました。

そのため今でも「ウチの車じゃこちらからお金を出さないと引き取ってもらえないだろう」と思い込んでいる人も多いようです。


でも、違うんです!

今ではそんなことはありません。

ディーラーで査定0円と言われた車、事故車、不動車、故障車、水没車でも、よほどのレアケースを除いて、どんな車も「買取」の対象となるんです!

古いから、動かないから、だから「処分料が必要」というのは昔の話です。車 廃車 買取
今はそういう車でもお金を受け取れる(買い取りしてもらえる)時代になったのです。



*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=pj9sj7r::0::20171012




プロフィール

  名前: リンコちゃん
 >>more...

スケジュール


カテゴリー

 ■ 未分類
アーカイブ

 ■ 2017年度
 ■ 2016年度
 ■ 2015年度
 ■ 2014年度

ブックマーク

 @ i's SQUARE