プロフィール

  名前: ペネロペ
  性別: 女(♀)
   (゚∀゚)キター
 >>more...

スケジュール


カテゴリー

 ■ 未分類
アーカイブ

 ■ 2018年度

ブックマーク

 @ i's SQUARE

【更新履歴】





(2018/11/28)[未分類]
声優養成所に入ろうと思ったきっかけ

私が声優養成所に入ろうと思ったきっかけは、周りがいろんな進路を決めていく中で、やりたいことが全然ない時期に、中の良い先輩から声を褒められたことでした。すごく声がいいんだから、声優になろうって考えたことないのと言われました。声優になろうなんて考えたこともなかったですし特にめちゃくちゃアニメが好きなわけでもなかったので、全く元は政府に対して興味がなかったのです。

でも、なんとなく頭に残っていて、声優でどんな仕事だろうと思って調べ始めました。声優と言うとアニメのイメージが強かったですが、映画の日本語吹き替えだって声優の仕事なんだなぁと当たり前ですが気づいたときに興味が出てきたのです。映画がすごく好きで死ぬほど見ています。でも、日本語吹き替えはあまり好きじゃないので映画に声優という仕事が必要だということがわからなかったのです。

確かに面白そうだなと思いましたし、映画の日本語吹き替えがすごく嫌いなので、それが好きになってもらえるような機会ができるようになったらいいななんてなんとなく考えるようになりました。もちろん映画の吹き替えなんて出来るようになるには死ぬほど執行をつまないといけないんだろうなぁと思いますが…

そんなこんなで声優に興味を持つようになって声優養成所に行こうと思いました。でも声優養成所に行こうと思ったら声優養成所のオーディションにしないといけないと言うことに気づいたのです。声優養成所がオーディションに合格しようと思ったら、と素人の私は声優専門学校に行くしかないなと思いました。何もやりたいことがないのでとりあえず声優専門学校から始めてみようと思っています。


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=penerope::0::20181128






(2018/11/21)[未分類]
声優養成所や声優専門学校は金儲け?

私の友達で声優養成所から声優専門学校に行って、声優専門学校から声優プロダクションに入るんですが、声優プロダクションに入るオーディションに落ちてしまって、そのまま声優養成所で、専攻科と言うかに所属して何年も授業料を払い続けていた友達がいます。

声優養成所に入るということが、可能性が切れるわけじゃないので、彼女にとってとても都合が良かったのかなと思うのですが、結局歳を重ねてもうダメだと思ったみたいで、違う職業に転職していました。声優養成所に続けるためにバイトもたくさんしていたし、オーディションだってたくさん受けて、声優になりたいと言う夢のために、いくらお金を使ったかわからないのではないでしょうか?

本人は納得してやっていることなので、他人がとやかく言うことではないと思いますし、今結局転職するようになったとは言え彼女は彼女で過去を良い思い出として捉えています。でも実際のところ、声優養成所ってどういうところなんだろうと私は疑問が残っています。

声優養成所と名前が付くところにいると、自分にもいつかチャンスがあるかもしれないと思えて安心すると思うのです。でも実際にやっている事はどんなことかよくわからず、本当に彼女がお金を払っている分だけ、何か動いてくれているのか疑問で仕方がありませんでした。結果的に良い働き口に転職することができたので、結果オーライ的なところはありますが、彼女はまだ声優養成所を信じていてお金を払い続けていたら、友達としてそろそろ止めるべきだなと思っていました。本当に声優養成所と言うところはどういうところでしょうか?声優になりたいと言う人の気持ちを使って金儲けをしているだけでのではないでしょうか?



*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=penerope::0::20181121






(2018/11/19)[未分類]
声優養成所と声優専門学校の両方行きました。

声優養成所と声優専門学校に両方行きました。声優専門学校は本当にいくべきなのかって声優を目指すたくさんの後輩に聞かれます。声優専門学校は別にいくべきではないと思っています。

声優専門学校で習う事は、どっかのレッスンでも学ぶことができますし、お金がないのにわざわざ声優専門学校に行って、どっぷりと時間を使うよりも、働きながらどこか声優養成所に受かるためのレッスンを受ける方がマシだと思ったりすることもありました。私の場合は声優専門学校に行くと決めた時に、親がお金を出してくれると言ってくれたので、甘えさせてもらいましたが、本当にお金がなかったり時間がないと思っている人にとっては、声優専門学校に行っている時間を他のことに費やしながら、声優養成所に行くための勉強は別に両立しながらやればいいと思うのです。

ただ、私の場合は声優専門学校に行って良かったなと思っています。声優を目指す友達、声優を目指していない友達などたくさんの友達ができたことも良かったと思いますし、声優の世界がどういう世界なのかと言うことを、少し薄めた状態で学ぶことができたのも、本当にラッキーだなぁと思います。いきなり100%受けるより、少しずつ慣れていく方が自分の性分に合っているので、声優専門学校と言う遠回りを通ったことで、ゆっくりと基礎をつける時間を作らせてもらったと親に本当に感謝しています。

私より若くして声優養成所に入っている人もいっぱいいるので、正直焦ることもたくさんありますが、自分の道はこれでよかったんだと思うようにしています。だってあーすればよかったと後悔したところでもう戻ることはできないですし、声優養成所に入る前にもう一回声優専門学校に行くのかを尋ねられると、私は声優専門学校に行くと思うからです。


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=penerope::0::20181119






(2018/11/18)[未分類]
声優専門学校で優等生だった子が…

声優専門学校でかなりの優等生がいました。先生からも一目置かれるほど、声の個性や、演技力や、基本的な知識などなどかなりいろんな分野で群を抜いてよく勉強していると言われている子でした。それでいて人当たりも良いので、先生からの評判がすごく良くて、声優養成所のオーディションもすぐに合格していました。しかも結構な有名どころで、さすがだなって言われる声優養成所でした。

個人的にめちゃくちゃ仲が良かったわけではないですが、グループで仲が良くて、その優等生ともう一人だけ声優養成所の所属が決まったのですが、後のメンバーは働きながらリトライすることに。

声優専門学校で優等生だった子は絶対にもう声優になっているだろうと思っていましたが、意外や意外声優になりたいと思う気持ちもしおれていました。何があったのか一を聞き出せなかったのですが、声優養成所でかなりきつめにいじめにあってしまったみたいです。声優養成所なんて毎日行くものでもないし、耐えれなかったのかなって思ってしまった部分もあるのですが、やっぱり厳しかったみたいです。

声優養成所は食うか食われるかの世界なので、少しでも弱音を見せてしまうと一気に食いつぶされると言っていました。食いつぶされると言う意味がわからなかったのですがきっと想像以上のことが生結生サイトの中で起こったのだと思います。

声優専門学校で優等生だった子は、声優専門学校の時の思い出ばかり話していました。きっと彼女にとって声優専門学校の時間が忘れられないのでしょう。そのぐらい声優養成所では追い詰められたんだろうなぁと思います。自分の人生をダメにしてまで声優を目指すことはないと伝えました。


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=penerope::0::20181118






(2018/11/17)[未分類]
声優養成所と声優専門学校での自分の違い

声優専門学校に入るときは、はっきりいって優等生でした。声優専門学校に入る時は本当に声優になれるんじゃないかと思っていました。自分には才能があるし、声優になるために大切な度胸ももっている。しかも、誰よりも努力することができるから、自分が声優になれなかったら誰が声優になれるんだろう位を持っていました。ある意味声優になるという将来は決まった位に思っていた声優専門学校時代。声優養成所に行っても、絶対に通用すると思っていましたし、声優養成所に行って自分がどれぐらい凄いのか、試してみたいとさえ思っていました。

でも、声優養成所に行った時に、私のクラスは1番下のクラスでした。何が起こったんだろうぐらいに思っていたのですが、声優養成所でたくさんのクラスをこなしていく中で、自分が全然すごくないことに気づいたのです。もしかしたら声優養成所の中では落ちこぼれクラスかもしれないと思うほど、自分が声優専門学校時代に感じていたプライドや自尊心みたいなものをことごとくおられて行きました。

もしかしたら声優になれないかもしれないと思い始めてからどんどん努力することが嫌になってきて、声優養成所に行き始めてからは、逆にバイトにあけくれるようになってしまいました。このままではいけないと思いながら、そこを抜け出せていない状況です。悔しいけど声優養成所に行って、自分の出来なささに自分でも驚き、認められない状況です。

声優養成所に入るためにいっぱい努力をしていた時期が懐かしくて、あんな風にもう一回努力できる自分になりたいと思っています。きっかけは自分で作るしかないですよね。やっぱりもう一回這い上がってみようと思います。




*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=penerope::0::20181117