【更新履歴】





(2017/09/20)[ゲーム]
Valveが優勝賞金3万ドルの「Dota 2」のカスタムゲームコンテストを発表

冬はもうすぐそこまで迫っている。Valveがホリデーシーズンに向けゲーム内イベントの準備をしているか、「Dota 2」のファンにとっては気になる時期だ。「Dota 2」においてValveが冬季ホリデーイベントを始めてから数年経っているがValveは今年、そのイベントをコミュニティの手にゆだねることを決定した。30,000ドルを賞金とし、2017年の「Frostivus」イベントにおいて使用するカスタムゲームを募集するというのだ。
「Dota 2」のブログ上でValveは今日、「Frostivus」の復活とともにカスタムゲームコンテストの開催を発表した。締め切りは11月20日で、応募者は「『Frostivus』シーズンを強く全面に打ち出した」ゲームを作成し投稿する。ゲーム内容は対戦でも協力でもどちらでもよいが、条件としてマルチプレイでなくてはいけなく、またオリジナルのコンセプトでなくてはいけない(以前のゲームの再利用を防ぐため)。投稿前にコミュニティ上でプレイテストを行うこと、最低でも開発中にコミュニティからフィードバックをもらうことをValveは応募者に促した。優勝作品の作者には、Valveから30,000ドルが賞金として授与される。また優勝作品はおそらく、2017年の「Frostivus」における公式ゲームの一部として採用されるだろう。


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=mygamess::1::20170920






(2017/07/14)[ゲーム]
PC版『ジャストコーズ3』マルチプレイModが近日Steam配信!―最大100人でお祭り騒ぎ

オープンワールドアクション『Just Cause 3(ジャストコーズ3)』のPC版にマルチプレイヤーモードを追加してしまうファンメイドMod「nanos Just Cause 3 Multiplayer」が、バージョン1.0として太平洋夏時間7月20日午後12時(日本時間7月21日午前4時)にSteam配信されることが決定しました。



本Modでは最大100人のプレイヤーがバトルやスタント、レースなどを楽しめます。1年以上かけて開発を続けてきたnanosは、このModをもとにプレイヤーが自分のモードを作成できるよう、より高いレベルにすることが次の目標と伝えています。

主な特徴
バトル、レース、チェース、戦闘機での追跡飛行など、1サーバーにつき数100人までプレイが可能
コミュニティが作る常に進化し続けるゲームモードを楽しもう。
レース、デスマッチ、スカイダイビング、フリーローミングなど何時間でも遊べる内容
気に入ったゲームモードが見つからない?それなら自分で作ってしまおう!
最先端技術による同期でラグを可能な限り解消


ハチャメチャなゲームプレイが楽しめそうな「nanos Just Cause 3 Multiplayer」の価格は無料。Mod開発チームの技術力と熱意はもちろんのこと、『Just Cause 3』のエンジンの柔軟性にも驚かされますね。


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=mygamess::1::20170714






(2017/07/08)[ゲーム]
今週のアクセスランキング!

今週のアクセスランキングは、「CEDEC 2017」で「ゼルダの伝説 BotW」の講演が行なわれるというニュース。8本もの講演が予定されており、注目を集めたようだ。今回の講演は多岐にわたっており、「3Dグラフィックスのアートと実装」などグラフィックス関連に始まり、「ゲームの面白さを最大化するツールやデバッグの紹介」、「広大で生き生きとした世界を奏でるオープンエアーサウンド」、そして、「UIが目指したこと〜世界に溶け込み、かつ印象的なUI表現」など興味深い項目がズラリと並んでいる。

 第2位は、連載「山村智美の『ぼくらとゲームの』」から「3度目の最初からのプレイ”でも夢中で遊べてる『ゼルダの伝説 BotW』マスターモードの話」。6月30日に配信が開始された「マスターモード」をプレイした印象が取り上げられている。ここで書かれているとおり、そのゲームの手触りの絶妙な感覚こそが「ゼルダの伝説 BotW」を名作たらしめていることがわかる。クリアした人も、してない人も、また眠れない日々を送っていることだろう。

 そして第3位はインタビュー記事、「【インタビュー】長谷川裕一氏初めての監修! 『ファントムガンダム』ついに立体化」。バンダイコレクターズ事業部のアクションフィギュアブランド「ネクスエッジスタイル」で遂に立体化された「ファントムガンダム」。今回も開発者の方の熱い想いがこの記事の中に詰まっている。ぜひともチェック頂きたい。


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=mygamess::1::20170708






(2016/10/19)[ゲーム]
そのDynamic Thermal Guard Trigger Pointに達してしまっているのではないか,というわけだ。

 テスト環境は,PCケースに入れないバラック状態なので放熱環境は決して悪くないはずだが,Z170 PRO GAMINGのM.2スロットは,チップセット用ヒートシンクのすぐ横にあるため,SSD自体の放熱に加えてチップセットから出る熱の影響も受けやすい。要するに,放熱条件はPCIe x16接続時よりも悪化するわけである。


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=mygamess::1::20161019






(2016/09/26)[未分類]
ミュージカル『刀剣乱舞』 〜幕末天狼傳〜が公演開始。ゲネプロ写真とコメントを公開

本日2016年9月24日(土)よりAiiA 2.5 Theater Tokyoにてミュージカル『刀剣乱舞』 〜幕末天狼傳〜が開幕いたしました。
公演に先立って行った公開ゲネプロの模様と、キャスト・演出家からのコメントをお届けいたします!
名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・育成する刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」(DMM GAMES/Nitroplus)を原案とし、2015年秋に初のミュージカル化を果たした、ミュージカル『刀剣乱舞』。
2016年5月末より上演した「阿津賀志山異聞」公演が大盛況のうちに閉幕し、アーティスト名“刀剣男士 team三条 with加州清光”での音楽活動も盛り上がる中、ついに待望の新作「幕末天狼傳」公演が開幕いたします。今作では、新撰組にゆかりのある刀剣を中心とした6名の刀剣男士が、激動の幕末の時代で新撰組隊士たちとの物語を描きます。
また、2017年にはミュージカル『刀剣乱舞』初となる、中国・上海での海外公演も決定いたしました!
アラド RMT


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=mygamess::0::20160926




プロフィール

  名前: 山田幸一
  性別: 男(♂)
  趣味: ゲーム
  一言: のんびりゲーム...
   http://www.iimy.co.jp/
 >>more...

スケジュール


カテゴリー

 ■ 未分類
 ■ ゲーム
 ■ ゲーム情報
 ■ オンラインゲーム
アーカイブ

 ■ 2017年度
 ■ 2016年度
 ■ 2015年度
 ■ 2014年度

ブックマーク