【更新履歴】





(2009/10/08)[音楽療法について]
音楽療法の活用について

何気なく私達は音楽を耳にしたり聴いたりしますが、
私達は音楽を聴いて楽しい気持ちになったり、癒されたりと、
音楽には力があることを実感として感じることがあるのではないでしょうか。

音楽は私たち人間に、生理的・心理的・社会的に影響を与えると言われています。

生理的な影響は身体的に変化をもたらします。
心理的な影響は感情や記憶を刺激します。
社会的な影響は人との交流のきっかけを作ってくれたりします。

活用法としては、普段私たちがしている音楽を聴いたり、歌ったります。
あるいは楽器を奏でる。ダンスをする。
また作曲も効果的だとされています。

音楽を聴く事を受動的音楽療法といいます。
歌ったり、楽器を奏でたり、ダンスなどして動いたり、作曲などをすることを能動的音楽療法といいます。

受動的音楽療法は痴呆症やダウン症などすべての障害のタイプの利用者に応用する事ができます。
能動的音楽療法は楽器習得は自己規律や自己能力への信頼、また内的な状態が外に出ることが体験できると考えられています。

このように音楽療法は様々な効果がある療法として認識が高まり始めていて、現在では徐々にですが日本でも医療の現場でも使われるようになりつつあります。

宅配有機野菜のお試しセット比較は各社の品質基準などもチェックすることをお薦めします。

忙しい方も自宅で糖尿病検査ができる郵送簡易キットで気になる血糖値を調べましょう。



*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=misaten::0::20091008






(2009/09/24)[音楽療法について]
音楽療法とはどんなもの?

音楽を聴くと私達は様々な感情を経験し、気持ちが変るなど、音楽には不思議な気持ちが秘められています。
この音楽が持つ力を最大限に利用して、心身の健康を実現するように導くことを音楽療法と言います。

例えば、あなたはどのような音楽が好きですか?
その音楽を聴いたときどのような気持ちになりますか?

おそらく皆さんは、音楽を聴いて楽しい気持ちになったりスッキリした気持ちになったりすることを経験したことがあると思います。

また、音楽を聴くだけでなく、楽器を弾いたり、歌を歌ったりするこどて気持ちの変化を経験したこともあるのではないでしょうか。
このように、楽器を弾くこと、歌を歌うことも音楽療法に含まれます。

最近は医療現場などでもで音楽療法が取り入れられています。
しかし、音楽療法という治癒方法が確立されるずっと以前、3000年前のユダヤ王サウルのうつ病を羊飼いの若者ダビデがハーブを弾くことで治した事は、現代にも伝えられています。
古代ギリシャのアリストテレスは、音楽によるカタルシス効果を発見していました。音楽には身体にたまった悩みやもやもやしたものを吐き出させてスッキリした気分にさせることを知っていました。

またヨーロッパのルネッサンス期には、医療において、坐骨神経痛の患者の患部の上でフルートを演奏して治療するということもされていました。治癒したなど音楽の総合的

そして近代においては、アメリカのジョージ・ワシントン大統領が音楽療法に積極的な興味を示し、軍隊などにも使われ始めたとのことです。現代では軍隊だけでなく精神疾患をもつ患者のレクリエーションの一環として楽器を演奏したり歌を歌ったり、発声訓練をしたりするという音楽療法を取り入れています。特に、うつ病や精神不安定な状態の患者の治療にはこの音楽療法が積極的に取り入れられています。

最近では重度心身障害児の精神発達のための治療方法として音楽療法が取り入れられている例もあり、いろいろな現場で音楽療法は注目されています。

ここ日本おいても、20せいきに入ってから心と身体を健康に導くということで音楽療法の研究がさかんになっています。
現在では全音連認定の音楽療法士という認可制度もあり、音楽療法士徐々に増えていることもあって注目され治療方法と認識されるようになっています。

美白パイオニアの三省製薬デルメッド・ホワイトニング美白お試しトライアルセットは2週間分で1575円です。

モデルのリナさんデザインポーチに入っているアテニア化粧品トライアルセットは美容ライターの森本ゆきよさんもお薦めです。


*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=misaten::0::20090924






(2009/09/23)[音楽療法について]
音楽の持つ治癒的力

私たち人間は、音楽を嫌いだという人は少ないのではないでしょうか。
また、私達の生活の中には音楽が溢れ、私達は毎日音楽に触れて生活をしているといっても過言ではないのではないでしょうか。

たとえ、積極的に音楽を聴くという行為をしなくても、テレビでドラマを見ているとき、映画を観ている時、テレビのCM、街角で店が流している音楽、車を運転しながら聴いているラジオ、このように私達は音楽に囲まれて生きていると言ってもいいくらいです。

そして私達は音楽を聴くと、悲しくなる、楽しくなる、嬉しくなる、思い出がよみがえるなどという体験をします。
また、ギターやピアノなどの楽器を弾いていると楽しい気持ちになることもあります。

音楽が発する波動はリズムとメロディーで出来ており、脳波やα波なども波動です。
音楽療法とは、音楽によってその波動の特性に影響を与えて、その時の気持ちよって変化する波形を脳波のパターンを用いて、病気を予防したり治療をすることです。

では、具体的にはどのようん効果があるのか、以下にいくつ例を上げてみましょう。

まず音楽による脳の活性化があります。
ちょっと分かりづらいかもしれませんが、パイノーラル効果音というものがあります。
左右から入る直接の音波ではなく、その差異であるバイノーラル効果音をキャッチする事をパイノーラル効果と言いうのですが、そのためには右脳と左脳が互いに連携しなければならず、そのため左右で協力しバイノーラル効果音に集中する過程で脳が活性化すると言われています。

また、サブリミナル効果というものもあります。
サブリミナル効果とは、耳に聞こえないほどのナレーションを音楽の中に入れ、潜在意識を活性化する方法で、このことによって自分自身が望んでいる状態を作ると言われています。

以上のように、音楽が持つ力はとても大きく、また音楽から得られる安らぎや癒しなどの力もとても大きいといえるでしょう。

みなさんも、意識しているいないに関わらず、疲れたときや癒しを求めるときなど、その時の気分や気持ちに合わせて音楽を選び聴くということをしているのではないでしょうか。



*この記事にお気軽にコメントしてね(名前とコメントのみ必須です
名前 メアド:
ホームページ: http://

*Trackback URL: http://adgjm.net/blog/tb.cgi?us=misaten::0::20090923




プロフィール

  名前: 工藤美里
 >>more...

スケジュール


カテゴリー

 ■ 音楽療法について
アーカイブ

 ■ 2009年度

ブックマーク



− 合計: −
[ 昨日:  今日: ]