>> i's SQUARE >> 雑学 >> 質の高い睡眠を確保する7つの方法



寝つきが良く、ぐっすり眠ったという満足感が得られ、スッキリさわやかに起きれる 科学的根拠にもとづいた方法を以下に紹介します。

1.毎日規則正しい時間で3食たべる
寝る前の3時間は何も食べない!夕食は腹8分目にする。
夕食を食べ過ぎたり時間が遅かったりすると消化器官が活動しているため、 寝つきが悪かったり、眠りが浅くなったりします。

2.寝る前に刺激物は取らない
コーヒーなどのカフェインを含むものは寝る2時間前は飲まない! タバコも副交感神経を刺激し快眠をさまたげるので寝る前は吸わないようにします。 あと、寝酒は寝つきには良いかもしれませんが、 眠りが浅くなり夜中に目が覚めたりするので控えた方が良いです。

3.ホットミルクを飲む
眠れないときには温めた牛乳を飲むのが効果的です! 牛乳にはトリプトファンが含まれており、このトリプトファンの精神安定作用により睡眠を促します。 また、温かくして飲むと体を温めてくれるので、眠りを誘うのに効果的です。

4.お風呂に入る
毎日夕方から夜にかけてお風呂に入る人は、 入らない人よりも寝つきが良く眠りも深い事が統計データから導きだされています。 ぬるめのお湯で長風呂すると血行が良くなり、なおベターです!

5.寝る前に軽いストレッチをする
適度な運動は快眠を誘います。 実は寝る前のセックスが素晴らしく効果的です!

6.毎日の寝る時間は1時間以上ずれないようにする
生活習慣が規則正しい事は睡眠以外にも良い事です!

7.朝に太陽の光を浴びる
太陽の光には、睡眠と覚醒のリズム、体内時計を調整する働きがあります。 早く寝るためには早起きをして生活リズムを崩さないことが大切です。