>> i's SQUARE >> 雑学 >> 効率的なSEO対策

効率的なSEO対策を理解して最適なホームページを作成するための基礎知識を紹介します。




検索結果で上位表示されやすくなるには?
SEOとは検索エンジン最適化の事を言いますが、 SEO対策を意識してサイトを作成すると GoogleやYahooなどの検索結果で上位表示されやすくなり サイトへのアクセスアップに繋がります。

    以下はSEO対策を意識したサイト作成のコツです

  • ジャンルを絞り込む
    1つのサイトに何でもかんでも色んなジャンルを作成するよりも、 1サイト1ジャンルを徹底して 複数のジャンルを作成したい場合はジャンル毎にサイトを分けるようにした方が良いです。 これは後述するポータルサイトへのディレクトリ登録にも有効です。

  • ページのキーワードを決めてそのキーワードが検索上位になるようにページを構成する
    重要なキーワードを決める際には、以下のキーワード出現頻度解析、
    キーワード出現頻度解析
    ページテーマチェックツール初心者 SEO 対策ツール を利用して選定する事をお勧め致します。

    キーワードが決まったら、 キーワードを検索エンジンに有効なタグで囲みます。 有効なタグはいくつかありますがたいていは以下のタグを考慮するだけで十分です。

  • 有効タグ:TITLESTRONGH1〜H3

    タイトルタグ「TITLE」は 一番重要なので必ずページのヘッダーに付けて全角20文字以内を目安にキーワードや概略を書きます!

    強調タグ「STRONG」はあまり乱用せずに、ここぞって時に使用します。

    見出しタグ「H1〜H3」は必要に応じて使用します。


    キーワードは「位置・数・比率」も重要です。 キーワードはページ上部の位置ページ内に頻繁に出現した方がポイントが高くなります。


    またキーワードを複数選定した場合は、それぞれのキーワードを なるべく隣接させた位置に表示させた方がポイントが高いです。

    例)キーワード:青い空山脈
    青い空に白い雲、そして山脈が見えます」よりは 「青い空山脈、そして白い雲が見えます」の方がポイントが高い。


    但し、これらのSEO対策はあまりにも露骨にやりすぎるとSEOスパムとみなされ、 逆に検索エンジンの結果が下がる事になってしまうので、 頭の片隅に置いてほどほどに実践すると良いです。
    個人的にはSEO対策よりも、訪問者に見やすいページを心がける方がはるかに重要だと思います!


PageRankTM について
Googleの人気の秘密 にあるように、現在のロボット型検索エンジンは

多くの良質なページからリンクされているページは、やはり良質なページである

と言う考え方で検索結果を表示してます。

Googleではサイトの重要度を図るモノサシとして PageRankTM という総合的な指標があります。
このページランクも検索結果上位になる要因の一つなので ページランクを上げる工夫が必要です。

自分のサイトのページランクを見るには Googleの場合はブラウザに Google ツールバー をインストールすればOKです!
Yahooの場合は Yahoo! Web Rank チェックツール からチェック出来ます★

ページランクを上げるには なるべくリンク数が少なく同じカテゴリのページランクの高いページからたくさんリンクされる必要がありますが 一番てっとり早いのは、自分のサイトと同系列のサイトへ相互リンクを依頼する事かもしれません。。。

どちらにしろ、良識なページにリンクさせてもらうにはサイトの内容を充実させることが一番重要です!

ページランク3〜4は上記のSEO対策を実施すれば何とか実現可能ですが、 ページランク5以上になるにはページランク5以上のサイトからリンクされる必要があり、 はっきりいって至難の業です。

それでもページランク上位を目指すためには 各種検索エンジンへの登録とページランクが高いサイトのディレクトリ登録が有効です。


他にも、ページランクは以下の要因で上下します。
  • 更新頻度: まったく更新されないページはどんどんページランクが下がっていきます
  • ページのタイプ: 動的なページ(*.cgi など)よりも静的なページ(*.htm、*.html など)の方が有利
  • リンクの数: 1つのページからのリンク数は100以内にして、リンク切れがないようにする

ページのリンク数を測定するには ページ内リンク数チェックツール がお勧めです!

あと、Googleが提供しているサイト運営者様向けツールの Google サイトマップGoogle Analytics も非常に便利なのでぜひ利用してみる事をご推奨致します☆



◆リンク(参考サイト)