>> i's SQUARE >> 雑学 >> 最強のWebメール(GMail)を利用する

全く新しいメールの利用や整理方法を可能にした「GMail




(ユーザー名@gmail.com)は2004年4月1日に エイプリルフールネタとおもいきや本当にスタートしたGoogleによる無料のメールサービスです。

※以前は利用するには既存ユーザーからの招待(invite)が必要でしたが、 2006/08/23以降、招待状なしで利用できるようになりました!


その特徴として、 メール容量が7GB以上(現在も増量中)とメールを削除する必要がないほどの大容量 (一通あたりのメール送信/受信の上限は20MB)かつ 同社の検索技術をベースにしたメールに対する強力な検索機能付で 更にラベル・フィルター、スターあり、スレッド機能などによりメールの整理整頓が非常に楽な点があります。


だから、毎日いろんな人とたくさんメールのやりとりをしている人に特にお勧めです!


他にも使いやすく斬新なインターフェイスで、ショートカットキーによるメール操作も可能です。
また、メールをやり取りした人のアドレスは 自動的に連絡先に登録され、オートコンプリート機能が働いてくれます。
あと、印刷面も考慮されており、まさにいたせりつくせりです。

そして、そして、メール転送やPOP/SMTPにもしっかりと対応(しかもSSL通信)しており 一般的なメーラーで送受信する事も可能です。
(特定の条件だけメール転送したり、 一度ダウンロード済のメールは受信せずにPOPを有効にしたりと、詳細な設定が出来ます)


◆以下は全く新しいメールの利用や整理方法の説明です!

・スレッド
GMailは関連するメール (送信メールに対するすべての返信、および返信への返信) を自動的にスレッド化します。
これでメッセージの前後関係をより理解しやすくなり、返信もスムーズに行えます。

・アーカイブ
見終わったメールはアーカイブでスレッドを受信トレイからアーカイブに移動させます。
アーカイブのスレッドを見たい場合は「すべてのメール」を選びます。

・ラベル
メールにラベルをつけて分類します。
また一つのメールにいくつでもラベルを付けられるのも大きな特徴です。
例えば、友達から面白い内容のメールが来た場合、 「友達」と「爆笑」のラベルをつけて管理することが可能です。

・フィルタ
詳細な条件でメールの振り分けや転送などの設定を作成し適用する事が出来ます。


◆GMailの制限事項など

・長期間(9ヶ月)1度もログインしないとアカウントは無効になります。

・セキュリティ対策として、実行形式の添付ファイル(.exe)は受信できない仕様になってます。
(.exe)を(.zip, .tar, .tgz, .taz, .z, .gz)で圧縮しても受信できませんが、 (.exe)を(.lzh)で圧縮した場合は、なぜか受信可能です。。。
また、送信に関しては、添付ファイルに対してこのようなチェックは行われてませんので どのような形式でも送信できてしまいます。

・ユーザーは無料で利用できる代わりに、Google検索と同様のコンテンツ連動型広告がWeb上に表示されます。


◆GMailのちょっとした裏技

既存メールをGmailにインポート「Google GMail Loader(GML)」

・既存メールをmbox形式でエクスポートして適当な名前をつけて保存します。
・「 Google GMail Loader 」をダウンロードして解凍後に「gmlw.exe」を起動します。
・必要事項を入力します。
SMTP Server: 「gsmtp57.google.com」のままでOK
Configure Your Email File: [Find]をクリックして保存したmbox形式のデータを選択
File Type:一番上のmBoxでOK
Message Type: 受信メールの場合「Mail I Received」を選択、 送信メールの場合「Mail I Sent」を選択 (送信者アドレスがGMailのアドレスに変更される)
Enter Your GMail Address: 自分のGMailのアドレスを入力
[Send to GMail]をクリックすると、2〜3秒で1通ずつアップロードしていき、 Done. Stats: のメッセージが表示されると完了です。
尚、GMailのタイムスタンプは、GMLでアップロードした日時になりますが、 詳細オプションの日時は該当メールを受信した当時のオリジナルのままです!


メールアドレスのユーザー名の後ろに「+」の文字を使って任意の文字列を使う

例えば、「hogehoge@gmail.com」のアカウントの場合、 「hogehoge+test@gmail.com」でも「hogehoge+aaaa@gmail.com」 でもメールを受信する事が可能です。

MLに登録する時などに、 hogehoge+MLの名前@gmail.comで登録して 「宛先」をMLの名前でフィルタをかける使い方があります。

あとは個人情報流出のトラッキングにも使えます。 サイトへのメール登録に「+」の後にユニークな文字列を使い、 もしそのアドレス宛に迷惑メールが届いたら、 そのサイトからメールアドレスが流出した事が一目瞭然だったり、 ちょっと考えただけでも色々な利用の仕方が可能ですw


GmailをWindowsのドライブとして認識させる「Gmail Drive」

「Gmail Drive」を使えば簡単にファイルをGMailに送信出来ます。
http://www.viksoe.dk/code/gmail.htm から Gmail Drive をダウンロード・インストールすれば、 Windowsのマイコンピュータに Gmail Drive が作成されます。
あとはバックアップしたい大容量のファイル等を Gmail Driveに通常のコピー&ペーストの操作を行うだけでOK! Gmail Driveにコピーしたファイルはメールの添付ファイルとしてGMailサーバに送信されてます。


Gmailをモバイル環境(PDA)から利用する

GMail-lite (PHPベースのソースファイル)をダウンロードして自分のサーバにインストールすれば PDAからGMailを利用する事が可能です。
携帯には対応してないですが、PSPからでもGMailが操作可能です!


GMailアカウントでブログを実現する

Gallina を利用すればGMailアカウントでブログを実現することが出来ます。 (GMailの趣旨からだいぶ離れている気がしますが。。。)


mailtoタグのクリックでGMailを起動する

G-Mailto をインストールすれば、Webページ内のmailtoタグをクリックするとGMailのメール作成ウィンドウが開くようになります。


◆FAQ

>メールの本文が文字化けしていて□□□□□□と表示されてしまいます (´・ω・`)
GMailはUTF−8の文字コードがデフォルトになっているため 半角カナ等の機種依存文字は □□□□□□ と表示されてしまいますが、 「詳細オプション」→「オリジナルを表示」をクリックすると 問題なく表示されます。